便秘の原因が食生活

日本人に便秘が多い2つの理由! 食生活の変化が原因だった?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「日本人は欧米人に比べて便秘しやすい」という説を聞いたことはありませんか?
この説は本当なのでしょうか?
そこで、今回は日本人に便秘人口が多い理由をご紹介します。
日本人の食生活の変化も深くかかわっているのです。便秘の原因がわかれば、解決方法も見つかりやすいでしょう。
「本当に日本人は便秘しやすいのか」と疑問に思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。
その理由がわかります。
また、便秘になりにくい食生活もご紹介しましょう。

目次

  1. 日本人に便秘人口が多い理由とは?
  2. 昔から日本人は便秘に悩んでいた?
  3. なぜ、日本人の便秘人口が増えたのか?
  4. 便秘を解消しやすい食生活とは?
  5. おわりに

1.日本人に便秘人口が多い理由とは?

まず始めに、なぜ日本人に便秘で悩む人が多いのか、その理由をご説明しましょう。
便秘人口の違いと食生活は、関係があるのでしょうか?

1-1.日本人の腸は長い

日本人は、長年穀物や野菜中心の食生活をしてきました。
たんぱく質は主に大豆から取り、魚以外の肉類を食べることはほとんどなかったのです。
一方、欧米人の食生活は肉を主体としています。
豚などの家畜を飼い、その肉を加工したものとパンが食事の中心でした。
ですから、日本人の腸は欧米人のものより2~3m長いそうです。
これは野菜や穀物に含まれる栄養素は、消化に時間がかかるため。
草食動物の腸が、肉食動物より長いのと同じです。
腸が長いと、ぜん動運動が弱まれば便秘になりやすいでしょう。
つまり、欧米人より日本人が便秘になりやすいのは、腸の長さが原因なのです。

2-2.水も便秘の原因?

日本の水は軟水ですが、ヨーロッパの水は硬水が多いです。
これは日本の川は流れが速いため、土壌に含まれているミネラルが水に溶けこまないことが原因といわれています。
硬水に便秘解消効果があることは、広く知られているでしょう。
飲み水だけでなく料理の水も硬水なら、便秘になりにくいのです。

12