便秘解消のえのきの効能とは?

便秘解消効果のある「えのき」の効能とは?効率的なとり方について

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘で悩んでいる人は非常に多いです。
特に、便秘をくりかえしている人は胃腸に大きな負担がかかっています。
さまざまな方法はありますが、きのこの1種「えのき」にも便秘解消効果があるのです。
そこで、えのきの便意解消効果や効能、効率的なとり方、便秘解消以外のえのきの効果について説明します。
植物繊維が入っている食べ物は便秘解消に効果的です。
できるだけ早めに解消するためにも基礎知識を身につけておきましょう。

  1. えのきの便秘解消効果・効能
  2. えのきの効率的なとり方
  3. 便秘解消以外のえのきの効果
  4. まとめ

1.えのきの便秘解消効果・効能

便秘解消効果が期待できる食べ物はたくさんありますが、中でも「えのき」はさまざまな面でいい効果をもたらします。
いい効果の中でも特に大きいのは「便秘解消効果」です。
えのきの便秘解消効果・効能について詳しく説明しましょう。

1‐1.植物繊維の1つである「キノコキトサン」

えのきには植物繊維が豊富に入っています。
植物繊維は胃腸の中にたまっている老廃物や毒素をすべて洗い流してくれるのです。
便秘になりやすい人ほど腸内に不要なものがたくさんつまっています。たまっている老廃物や毒素を排出しなければ便秘は解消しません。
普通の食材よりも食物繊維が入っているえのきは、「キノコキトサン」という成分が大きなポイントになります。
キノコキトサンはキノコ類に入っている植物繊維です。キノコキトサンの効能によって、便のかさが増し排便をうながすことができます。
えのきはスーパーで気軽に手に入るため、誰でも食べやすい食材です。
ぜひ日々の食生活にえのきを取りいれてみてはいかがでしょうか。

1‐2.栄養豊富な部分はえのきの下部

えのきを調理する際、下の部分を捨てている人は多いでしょう。
しかし、えのきの栄養がたっぷり入っているのは普段カットする下の部分です。
ほかの部分よりも栄養が豊富に入っているため、捨てないで料理に使ってください。
「使える料理はあるの?」と思いがちですが、きざんで鍋にいれるだけでもいいです。鍋にいれるとおいしくなります。鍋にするとえのきの水分がとけるでしょう。
水分の中には豊富な植物繊維が入っています。鍋の汁も飲み干してくださいね。
えのきは生で食べることができません。加熱しても成分はなくならないので安心してください。

1‐3.植物繊維以外にも豊富に入っている栄養素

えのきの便秘解消効果は豊富に入っている「植物繊維」だけではありません。
植物繊維のほかにも、ナイアシンやカリウム、葉酸など人間にとって必要な栄養素がたくさん入っています。
普段の食生活からでもなかなか摂取できない成分ばかりです。
便秘になりがちな人ほど、必要な栄養がたりていません。
不規則な食生活になっている人は、えのきを摂取しながら食生活も正しくしていきましょう。
規則正しい生活が便秘解消の基盤になります。
不規則な生活を送りながらえのきを摂取しても、なかなか十分に摂取できません。
植物繊維はもちろん、葉酸やカリウムも便秘解消に必要な成分です。
便秘の効能を発揮するためにも、規則正しい生活習慣が大切になるでしょう。

12