お酢の便秘効果や正しい飲み方・飲むタイミングについて知ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘は人体に悪影響をおよぼします。
長く続けば続くほど体調にも支障をきたすので気をつけなければなりません。
さまざまな便秘解消法はありますが、今回は「お酢」と「便秘」の関係性についてチェックしていきたいと思います。
お酢の便秘効果やお酢の正しい飲み方と飲むタイミング、お酢で便秘を解消する際の注意点について説明しましょう。

目次

  1. お酢の便秘効果
  2. お酢の正しい飲み方と飲むタイミング
  3. お酢で便秘を解消する際の注意点
  4. まとめ

1.お酢の便秘効果

「便秘」は若い女性に多い悩みの1つです。
便秘を解消しようとさまざまな方法を実践していることでしょう。
意外と広まっていない「お酢」の便秘効果について説明します。
お酢にはなぜ便秘効果があるのでしょうか。

1‐1.新陳代謝を高める効果がある

お酢が便秘解消に効果的なのは「新陳代謝を高める力」にあります。
便秘になりやすい人ほど新陳代謝が低くなっているので高めていかなければなりません。新陳代謝が高くなれば自然と腸の動きも活性化します。
そして、より自然なお通じになるのです。
やわらかい便が排出できれば腸がしっかり働いている証拠になるでしょう。
お酢は自然な排便に大切な新陳代謝を高めてくれるのです。
腸の中に入ったお酢は炭酸ガスを生み出します。炭酸ガスによって刺激を受けた腸は活性化してたまっていた便を出そうとするのです。
強すぎる刺激はNGですが、お酢はほどよく腸を刺激してくれるでしょう。

1‐2.腸内環境を整えてくれる

お酢は新陳代謝を高めるとともに「腸内環境」も整えてくれます。
便秘になっている腸内は老廃物や毒素がたまっている悪い環境です。
便秘の悪循環になる「悪玉菌」がたくさんうようよしています。
よって、悪玉菌を排出しなければなりません。お酢は独特なニオイによって神経を刺激してくれます。
そして、殺菌力が高いので腸内環境もキレイになるのです。
殺菌力は消化機能の活動を活性化してくれるため、吸収力も高まるでしょう。消化しやすい環境であれば便秘になりやすい体質から抜け出すことができます。
以上のように、お酢は便秘解消に効果的な力をたくさん持っているのです。

1‐3.ビタミンCの吸収率がアップする

代表的な便秘解消の成分は「食物繊維」です。
食物繊維は腸内の老廃物や毒素を流してくれます。
そして、ビタミンCも食物繊維と同じく便秘解消に役立つ成分の1つです。
ビタミンCは悪玉菌をやっつける善玉菌を増やす力があります。善玉菌が増えれば増えるほど腸内環境は良くなるでしょう。
しかし、ビタミンCはとても熱に弱い点がデメリットになっています。
熱に弱いので加熱をするとすぐ失ってしまうのです。
熱に弱いビタミンCですが、お酢と一緒に服用すれば効率的に吸収できます。
お酢はビタミンCの吸収を助けてくれるのです。便秘解消効果のあるダブル成分で腸内環境を改善していきましょう。

2.お酢の正しい飲み方と飲むタイミング

2‐1.1日15ml~30mlが目安

間違った飲み方をするとお酢の効果がなくなってしまいます。
お酢で便秘解消をするためにも正しい飲み方をきちんと把握してください。
お酢の正しい飲み方は“1日15ml~30ml”のお酢を飲むことです。
毎日たくさん飲む必要はありませんよ。
お酢の味が苦手…と感じている人は「リンゴ酢」や「黒酢」でもOKです。普通のお酢よりも飲みやすくなっているので女性にも人気があります。
リンゴ酢や黒酢は便秘解消だけでなく、美容・健康にも良いと言われているのでおすすめです。
スーパーやドラッグストアなどで販売しています。インターネットではより幅広い商品が確認できるでしょう。自分好みのお酢を見つけて、毎日飲み続けてくださいね。

2‐2.大切なのは“飲むタイミング”

お酢の効果を実感するには“お酢を飲むタイミング”が最も大切になります。
結構、お酢はニオイが強烈ですよね。刺激が非常に強いため、空腹時や食前には飲まないでください。
何も入っていない胃腸にお酢が入ると胃腸に負担がかかってしまいます。食前に飲めば食欲が増してしまう恐れもあるのです。
できれば、食後・食間に飲むようにしてください。食後・食間であればお酢の力を最大限発揮できます。
また、特に効果を実感したい人は“朝食後”がおすすめです。
朝は排便が起こりやすい時間帯でもあります。
ダイエットのために朝食を抜いている人は多いですが、朝食はしっかりとってください。朝食抜きのせいで便秘になりやすいケースもあります。
きちんと朝ごはんを食べて、後にお酢で排便をうながしましょう。

3.お酢で便秘を解消する際の注意点

3‐1.有酸素運動を取り入れる

便秘解消にお酢を利用する際、お酢だけで解消できると思ってはいけません。
基本は「規則正しい生活習慣」です。
すべての方法において言えることでもあります。
毎日、規則正しい生活習慣でなければ便秘を解消できません。
睡眠・運動・食事の3点セットに注意しながら規則正しい生活を送ってください。
特に、お酢の場合は「有酸素運動」を取り入れると効果的です。
ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動はお酢の力を高めてくれます。
有酸素運動の前後にお酢を摂取してください。
ダイエット効果や便秘解消はもちろん、疲労回復に効果的です。
体中に酸素と栄養が行き渡りやすくなるため、ぜひ適度な運動を毎日続けてくださいね。軽めのウォーキングやストレッチでも構いません。

3‐2.飲みすぎには要注意

お酢で便秘を解消する際、「飲みすぎ」には注意してください。
たくさん飲めば飲むほど効果が大きいと勘違いしてしまいがちです。しかし、過剰な摂取は逆効果になります。
お酢は刺激が強いので飲みすぎると胃腸に負担がかかるものです。刺激を受けすぎた胃腸は活動が弱まると同時に、老廃物や毒素も排出できなくなります。
よって、必ず1日15ml~30mlの量は守ってください。
また、リンゴ酢や黒酢にはほとんど砂糖が入っています。飲みすぎてしまうと砂糖も過剰に摂取してしまうため、太りやすくなるでしょう。
いずれにせよ、飲みすぎは逆効果になることを覚えておいてくださいね。
効率的に飲むためにも正しい量を守ることが大切です。

4.まとめ

お酢の便秘効果やお酢の正しい飲み方と飲むタイミング、お酢で便秘を解消する際の注意点について説明しました。いかがでしたでしょうか。
お酢は新陳代謝を高め、腸内環境を整える力を持っています。
便秘解消はもちろんのこと、体調不良やダイエット効果にも抜群です。
お酢の力を最大限発揮するためにも正しい飲み方やポイントを把握しておきましょう。

  • 新陳代謝を高める効果がある
  • 腸内環境を整えてくれる
  • ビタミンCの吸収率がアップする
  • 1日15ml~30mlの服用が目安
  • 食後か食間にお酢を飲む
  • 有酸素運動を取り入れる
  • 飲みすぎには注意する

以上のポイントは要チェックです。
リンゴ酢や黒酢でも飲みにくい人は“サプリメント”を利用してください。
お酢のサプリメントは独特なニオイや味を感じません。お酢に苦手意識がある人でも気軽にお酢の成分が摂取できます。
また、食事から摂取しにくい成分も吸収できるのでおすすめですよ。
お酢のサプリメントもさまざまあるのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
サプリメントを活用しながら便秘を解消していくのも1つの方法ですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加