お酢の便秘効果や正しい飲み方

お酢で便秘が解消できる? そのメカニズムと効果的な飲み方を解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は人体に悪影響をおよぼします。
長く続けば続くほど体調にも支障をきたすので気をつけなければなりません。
さまざまな便秘解消法はありますが、今回は「お酢」と「便秘」の関係性についてチェックしていきたいと思います。
お酢の便秘効果やお酢の正しい飲み方と飲むタイミング、お酢で便秘を解消する際の注意点について説明しましょう。

目次

  1. お酢の便秘効果
  2. お酢の正しい飲み方と飲むタイミング
  3. お酢で便秘を解消する際の注意点
  4. まとめ

1.お酢の便秘効果

「便秘」は若い女性に多い悩みの1つです。
便秘を解消しようとさまざまな方法を実践していることでしょう。
意外と広まっていない「お酢」の便秘効果について説明します。
お酢にはなぜ便秘効果があるのでしょうか。

1‐1.新陳代謝を高める効果がある

お酢が便秘解消に効果的なのは「新陳代謝を高める力」にあります。
便秘になりやすい人ほど新陳代謝が低くなっているので高めていかなければなりません。新陳代謝が高くなれば自然と腸の動きも活性化します。
そして、より自然なお通じになるのです。
やわらかい便が排出できれば腸がしっかり働いている証拠になるでしょう。
お酢は自然な排便に大切な新陳代謝を高めてくれるのです。
腸の中に入ったお酢は炭酸ガスを生み出します。炭酸ガスによって刺激を受けた腸は活性化してたまっていた便を出そうとするのです。
強すぎる刺激はNGですが、お酢はほどよく腸を刺激してくれるでしょう。

1‐2.腸内環境を整えてくれる

お酢は新陳代謝を高めるとともに「腸内環境」も整えてくれます。
便秘になっている腸内は老廃物や毒素がたまっている悪い環境です。
便秘の悪循環になる「悪玉菌」がたくさんうようよしています。
よって、悪玉菌を排出しなければなりません。お酢は独特なニオイによって神経を刺激してくれます。
そして、殺菌力が高いので腸内環境もキレイになるのです。
殺菌力は消化機能の活動を活性化してくれるため、吸収力も高まるでしょう。消化しやすい環境であれば便秘になりやすい体質から抜け出すことができます。
以上のように、お酢は便秘解消に効果的な力をたくさん持っているのです。

1‐3.ビタミンCの吸収率がアップする

代表的な便秘解消の成分は「食物繊維」です。
食物繊維は腸内の老廃物や毒素を流してくれます。
そして、ビタミンCも食物繊維と同じく便秘解消に役立つ成分の1つです。
ビタミンCは悪玉菌をやっつける善玉菌を増やす力があります。善玉菌が増えれば増えるほど腸内環境は良くなるでしょう。
しかし、ビタミンCはとても熱に弱い点がデメリットになっています。
熱に弱いので加熱をするとすぐ失ってしまうのです。
熱に弱いビタミンCですが、お酢と一緒に服用すれば効率的に吸収できます。
お酢はビタミンCの吸収を助けてくれるのです。便秘解消効果のあるダブル成分で腸内環境を改善していきましょう。

12