ヨガの便秘解消の効果

ヨガの便秘解消の効果について。ポイントは呼吸の仕方!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
ヨガ

便秘を解消するためには運動が効果的とはよく言われますが運動が苦手な方も多いでしょう。
そんな人にお勧めなのがヨガ。激しくも苦しくもない運動と呼吸法で自然に便秘が解消していきます。
そこで今回はヨガが便秘解消に効果のある理由や、便秘解消に特に効果のあるポーズなどをご紹介しましょう。
運動不足が原因で便秘になっている。便秘解消に運動をしたいけれど、激しいものは苦手という方はぜひ読んでみてくださいね。


1. なぜヨガが便秘解消に効果があるの?

数ある運動の中で、なぜヨガが便秘解消に効果があるといわれるのでしょうか。
この項ではその理由をご紹介しましょう。

呼吸法が便秘解消に効果がある

今でこそヨガはダイエットや健康維持が目的のスポーツのひとつになっていますが、その昔は瞑想の一種でした。
今でもヨガの発祥の地、インドでは修行者が瞑想としてヨガを行っていますね。
ですから体を動かすことと同じくらい呼吸法が大切なのです。
ヨガのポーズは素早くとってはいけません。できるだけ深くゆっくりと呼吸をしながらポーズをとります。
この深い呼吸がリラックス効果をうみ、腸の動きを司る副交感神経を活発にするのです。
この副交感神経が活発になればストレスが引き金になっておこるといわれている痙攣性便秘にも効果があるのですね。

ゆっくりとポーズをとることでで効果がある

ヨガはひとつひとつのポーズをゆっくりと取っていきます。
このゆっくりとやることも便秘解消に効果があるんですよ。
便秘の原因のひとつに、腹筋が弱さがあります。
腹筋が弱まると便を押し出す力も弱くなってしまうのですね。
腹筋を鍛えるには筋力トレーニングが効果的ですが、早く長時間体を動かすよりも一定の負荷をかけて体を動かした方が筋力は付きやすいのです。
つまりヨガの動きは腹筋を鍛えるにはぴったりなのです。

いつでもどこでも行える

運動をする気はあるのだけれど、時間がない。という方も多いでしょう。
ヨガはひとつのポーズを1分ほどの時間をかけてとるだけなので、10分あれば3~4つのポーズをとることができます。
また、やる場所を選ばないので家の中のちょっとした隙間があればポーズが取れるでしょう。
家事の合間や寝る前、仕事の休憩時間などにやることも十分に可能です。
ただし。バランスを崩したときにけがをしないようにとがったものや硬いものなどはよけておきましょう。
また、柔らかいベッドの上などでやると体を傷める可能性があるので気を付けてくださいね。

12