断食が便秘解消に効果的

断食が便秘解消に効果的? 半日断食の方法

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘解消の効果があるといわれている断食。
食事を取れないなんてつらいと思う方もいるでしょうが、半日断食するだけでも便秘解消には効果があるのです。
このような短期間な断食はプチ断食とも呼ばれているそうですね。
そこで今回は便秘解消に効果がある断食についてご紹介します。
半日断食するということは、いったい何食抜けばよいのでしょうか?
また、その間に気を付けるべきことはなんでしょう?
便秘解消を目的に断食をしてみたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. なぜ、断食が便秘に効果があるの?
  2. 便秘を解消する半日断食とは?
  3. 断食をする際の注意点

1.なぜ、断食が便秘に効果があるの?

この項では、断食が便秘に効果的な理由をご紹介しましょう。
内臓の働きは多岐にわたります。断食をすると、内臓の仕事を一部休ませてあげられるのですよ。

1-1.内臓は働きもの

胃や腸などの消化器官をはじめとする「内臓」の働きはたくさんあります。
その中でもとくに重要なのは、消化と吸収です。
人間は生きている限りエネルギーを消費し続けますから、常にエネルギーの補給もしなければいけません。
現在では食べ物に不自由することはほとんどありませんが、ほんの数百年前までは人間の歴史は飢えとの戦いでもあったのです。
ですから、内臓は食べ物が体内に入って来れば真っ先に「消化」と「吸収」を行います。
一見すると消化に関係ない肝臓や膵臓、腎臓などもそれぞれ消化を助ける物質を出しているのです。
一方、消化と吸収が終わり、残りかすとなった食べ物は体外へ排出されます。
これも内臓の働きのひとつですが、優先順位からすれば、消化吸収よりは下なのです。

1-2.胃腸だって疲れる

飲み過ぎたり、食べすぎたりすると、胃腸の調子が悪くなることがあります。
人間だって働きすぎれば疲れるように、内臓も働きすぎれば疲れてしまうでしょう。
しかし、内臓は食べ物が入れば消化吸収を行わなければなりません。
その結果、排出のほうがおろそかになってしまう場合もあります。
ですから、暴飲暴食の結果下痢になるという人もいれば、暴飲暴食の結果、便秘になるという方もいるのです。

1-3.断食をするとどうなるの?

断食をすると、当然のことながら食べ物が入ってきません。
胃は空腹を訴え、食べ物が欲しいと盛んに蠕動します。
空腹になるとお腹が鳴るのは、胃が動いているせいなのですね。
この動きは胃だけではありません。
腸も同時に動いているのです。
腸が動くということは、たまっていた便が押し出されるということ。
消化に力を使わない分、内臓は排出に活発になります。これが、便秘をすることで便秘が解消する理由なのです。

12