悪玉菌と便秘

悪玉菌とはどういうもの? なぜ増えると便秘になるの?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「腸内に悪玉菌が増えると便秘になる」という話を聞いたことがある人は多いでしょう。
しかし、なぜ悪玉菌が増えると便秘になりやすいのかを正確に理解している方は少ないと思います。
そこで、今回は悪玉菌とはどのようなものなのか、ということをご紹介しましょう。
悪玉菌が増えると便秘になる理由や、悪玉菌の減らし方などもご紹介します。
便秘が続いているという方や食生活が変わったらいまひとつおなかの調子がよくないという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。
その理由が分かりますよ。

目次

  1. 悪玉菌とは?
  2. 悪玉菌が増えるとどんな影響があるの?
  3. 悪玉菌が増える原因とは?
  4. 悪玉菌を減らす方法とは?
  5. おわりに

1.悪玉菌とは?

悪玉菌とは、腸内に住みついている健康に悪影響を与える菌の総称です。
腸内にはたくさんの菌が住んでいますが、悪玉菌が増えると腸内環境が悪化して便秘の原因になります。
便秘が続くとおならが臭くなることはありませんか?
これは、腸内に悪玉菌が増えてアンモニアや腐敗物質が作られるためです。
「悪玉菌を完全に腸内から消し去ることはできないの?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、一度体内に入った細菌を完全に取り除くのは大変です。
また、腸内細菌をすべて取り除いてしまうと善玉菌も消えてしまいます。
そうなると、かえって腸内の健康が悪化してしまうのです。
ですから、食生活を整えて悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが大切になります。

12