便秘とお茶の関係性

便秘とお茶の関係性について知りたい方へ~関係性と便秘解消効果を解説!~

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
緑茶

便秘は本当にやっかいなものです。便秘が長く続いてしまうとなんとなくお腹がスッキリしませんし、ずっとだるさを感じてしまうでしょう。便秘で悩んでいる人の多くは、いろいろな解消法にチャレンジしてきたけれどもなかなか解消されないというケースに悩まされています。

そこで、オススメしたい方法が“お茶”です。なぜお茶が便秘解消効果があるのか? 便秘とお茶の関係性について詳しく見ていきましょう。


1.なぜお茶が便秘に良いの?

1-1.便秘には水分補給が1番!

腸の中に不要物や老廃物がたくさん含まれている便秘。とにかくムダなものをすべて外に排出していかなければなりません。便を外に出すためには“水分補給が大切になります。水分をたくさん摂取すればするほど腸の中に蓄積されてしまったいる便を押し流すことができるのです。

とくに、お茶はよく私たちが飲むものでもあるので、ご飯を食べた後や食事中にでも積極的に飲んでいくと良いでしょう。あまり飲み物を飲まない…という人でもお茶であれば気軽に飲むことができると思います。便秘解消のためには水分補給が1番大切です。

1-2.お茶に含まれている「カフェイン」

お茶には「カフェイン」が多く含まれています。コーヒーにも含まれている成分ですが、実はこのカフェインが便秘解消の大きな役割を果たしているのです。便秘になっている腸は正常な働きができずに、便を押し出す力が弱まっている状態になっています。便を排出するためには腸を刺激し、活動を活性化させていかなければなりません。カフェインはその働きを正常にしてくれる効果があります。

腸を刺激し、便を排出するように働きかけてくれるので、お茶は便秘解消に役立つのです。しかし、カフェインの過剰な摂取は逆効果となってしまうこともあります。注意して飲まなければなりません。

1-3.緑茶のカテキンが便秘解消のポイント!?

日本の飲み物でもある緑茶には“カテキン”が豊富に含まれています。カテキンには悪玉菌を減らしてくれる殺菌作用と善玉菌を増やしてくれる効果をもっているのです。便で詰まってしまっている腸内は悪玉菌がうようよしている状態となっているため、まずはこの悪玉菌を排除していかなければなりません。

カテキンの殺菌作用は悪玉菌にだけ作用するものであり、腸内すべての悪玉菌を取り除いてくれるでしょう。そして、腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やしてくれます。

また、カテキンには“蠕動運動”が活性化する力ももっていることをご存知でしょうか? 蠕動運動とは臓器の収縮運動のことであり、収縮されればされるほど物をどんどん外に排出していってくれるのです。蠕動運動を活性化させ、善玉菌を増やしてくれるカテキンは便秘解消にもってこいの成分となっています。オススメですよ!

12