便秘とお茶の関係性について知りたい方へ~関係性と便秘解消効果を解説!~

このエントリーをはてなブックマークに追加
緑茶

便秘は本当にやっかいなものです。
便秘が長く続いてしまうとなんとなくお腹がスッキリしませんし、ずっとだるさを感じてしまうでしょう。
便秘で悩んでいる人の多くは、いろいろな解消法にチャレンジしてきたけれどもなかなか解消されないというケースに悩まされています。

そこで、オススメしたい方法が“お茶”です。なぜお茶が便秘解消効果があるのか? 便秘とお茶の関係性について詳しく見ていきましょう。


1.なぜお茶が便秘に良いの?

1-1.便秘には水分補給が1番!

腸の中に不要物や老廃物がたくさん含まれている便秘。
とにかくムダなものをすべて外に排出していかなければなりません。便を外に出すためには“水分補給が大切になります。水分をたくさん摂取すればするほど腸の中に蓄積されてしまったいる便を押し流すことができるのです。

とくに、お茶はよく私たちが飲むものでもあるので、ご飯を食べた後や食事中にでも積極的に飲んでいくと良いでしょう。
あまり飲み物を飲まない…という人でもお茶であれば気軽に飲むことができると思います。便秘解消のためには水分補給が1番大切です。

1-2.お茶に含まれている「カフェイン」

お茶には「カフェイン」が多く含まれています。
コーヒーにも含まれている成分ですが、実はこのカフェインが便秘解消の大きな役割を果たしているのです。
便秘になっている腸は正常な働きができずに、便を押し出す力が弱まっている状態になっています。便を排出するためには腸を刺激し、活動を活性化させていかなければなりません。カフェインはその働きを正常にしてくれる効果があります。

腸を刺激し、便を排出するように働きかけてくれるので、お茶は便秘解消に役立つのです。
しかし、カフェインの過剰な摂取は逆効果となってしまうこともあります。注意して飲まなければなりません。

1-3.緑茶のカテキンが便秘解消のポイント!?

日本の飲み物でもある緑茶には“カテキン”が豊富に含まれています。
カテキンには悪玉菌を減らしてくれる殺菌作用と善玉菌を増やしてくれる効果をもっているのです。便で詰まってしまっている腸内は悪玉菌がうようよしている状態となっているため、まずはこの悪玉菌を排除していかなければなりません。

カテキンの殺菌作用は悪玉菌にだけ作用するものであり、腸内すべての悪玉菌を取り除いてくれるでしょう。そして、腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やしてくれます。
また、カテキンには“蠕動運動”が活性化する力ももっていることをご存知でしょうか?

蠕動運動とは臓器の収縮運動のことであり、収縮されればされるほど物をどんどん外に排出していってくれるのです。蠕動運動を活性化させ、善玉菌を増やしてくれるカテキンは便秘解消にもってこいの成分となっています。オススメですよ!

2.お茶が便秘の原因になってしまうって本当…?

2-1.過剰なカフェインの摂取は逆効果

「お茶は便秘の原因!」と記載されている雑誌やコラムをよく目にしますが、本当にお茶は便秘の原因になってしまうのでしょうか。
お茶は便秘に効果的か、それとも逆効果なのかいったいどちらが本当なのか気になっている人も多いはず。

実際のところ、お茶を飲んで便秘が解消された人は実際にいるので効果はあると思います。
しかし、間違った方法で飲んでしまうと便秘が悪化してしまうことは事実です。カフェインの過剰な摂取はとくに気をつけておかなければなりません。

カフェインは交感神経を活性化させる働きがあり、腸の動き、蠕動運動が弱まってしまうため要注意。
蠕動運動は交感神経ではなく、リラックスをしているときに活性化する副交感神経の働きで高まります。

2-2.含まれている成分に要注意

すべてのお茶が便秘解消の働きをするとは限りません。
お茶で便秘解消したい人は購入するまえに成分表に注目してください。お茶のなかには下剤に含まれているような利尿作用の強い成分が含まれていることもあるのです。

利尿作用が強い成分が入っていることを知らずに飲み続けていき、便秘がさらに悪化したというケースが増えてきています。国民生活センターからも警告されているようですね。
下剤作用のあるセンノシドやキャンドルブッシュと呼ばれる成分にはとくに注意してください。
お茶のなかには便秘の原因をつくってしまうものもあるということを知っておかなければなりません。

2-3.冷たいお茶はできるだけ控えること

夏場はとくに冷たい飲み物ばかり飲んでしまうと思います。
しかし、冷たいお茶ばかり体の中に入れてしまうと体が冷えてしまい、腸内の活動が低下してしまうのです。よって、便秘が引き起こされることも考えられるため、できるだけ冷たいお茶は控えておかなければなりません。

どれだけ暑い夏場でも体を冷やさないように常温か、または少しぬるめのお茶を飲むと良いでしょう。
とくに、朝は吸収力が高く動きも活発化されているため、冷たいお茶は逆効果になってしまいます。気をつけてくださいね。

3.知っておきたい!便秘解消に効果的なお茶の飲み方

3-1.お茶を濃くする

種類によって効果的な飲み方に違いはありますが、便秘が長続きしている人やかたくなっている人にオススメしたい飲み方があります。
それは、「お茶を濃くする」方法です。

ティーパックタイプのお茶であれば2つ使って濃度を高くします。濃くすることでよりお茶の成分を吸収することができ、効果が期待できるのです。
ただし、濃度が高いということはカフェインの量も増えることになるので1日1杯が限度になるでしょう。
その点に注意しながらぜひ一度試してみてください。効果はすぐにあらわれるはず!

3-2.常温で飲むことがオススメ

お茶の効果的な飲み方は”常温”です。
暑い時期はつい冷たいお茶ばかり飲んでしまいがちに…。
しかし、冷たいお茶ばかり飲んでしまうと体が冷えてしまい、腸内環境が悪くなってしまいます。お茶はせめて常温で飲むようにしてください。

どうしても冷たいお茶が飲みたいときは1日1杯までと回数を決めておきましょう。
とくに女性は冷え性が多いです。冷たいものは冷え性を助長させてしまう恐れがあるので注意してくださいね。

3-3.一度に飲まず、ゆっくり少量ずつ…

お茶を一気に飲んではいませんか?
実は、便秘に効果的な飲み方というのはお茶を“ゆっくり少量ずつ飲むこと”なのです。一気に飲んでしまうと腸が逆にビックリしてしまい、過剰な刺激を与えてしまいます。何回かに分けてゆっくり飲むことで腸に適度に刺激を与えることができるのでオススメ。
そして、腸の働きがどんどん活性化していくことになるのです。
とくに、朝はゆっくり時間をかけて飲むと効果的だと言われています。
一度に大量のお茶を飲むのではなく、数回に分けて少量ずつ飲んでいきましょう。

4.便秘に効果的なお茶の種類

4-1.食物繊維が豊富なお茶

便秘に効果的だといわれているお茶はたくさんあります。
そのなかでも腸内環境を正してくれる大切な成分、「食物繊維」が豊富に含まれているお茶を紹介していきましょう。

  • 黒豆茶
  • ゴボウ茶
  • ギムネマ茶

この3種のお茶には食物繊維が豊富に入っているのでオススメ。
かたい便をやわらかくし、不要物・老廃物を外へと排出する働きがある「水溶性食物繊維」となっています。水溶性食物繊維は便秘解消に効果抜群です。

4-2.ビタミンCが含まれているお茶

善玉菌を増やすことができる成分が便秘解消として注目されていますが、“ビタミンC”も必要不可欠な成分のひとつ。
ビタミンCというと美容化粧品に含まれていることが多く、キレイなお肌には欠かせない成分として知られていると思います。便秘解消にも大切な成分となっているので注目すると良いでしょう。
大腸に行き渡ったビタミンCは善玉菌の働きをより活性化してくれます。

  • ローズヒップティー
  • ハイビスカスティー
  • 緑茶

この3種のお茶にはビタミンCが含まれているのでオススメ。
便秘解消もしたいし、美容も気になる!と思っている人には最適のお茶になるでしょう。

4-3.マグネシウムが多く含まれているお茶

  • マテ茶
  • プーアール茶
  • 杜仲茶

以上のお茶には「マグネシウム」がたっぷり入っています。
マグネシウムは水分が足りていない便に水分を行き渡らせ、やわらかくするのに効果的。やわらかくなった便は外に排出しやすくなり、腸の動きも活性化できるのです。
マグネシウムが多く含まれているお茶は便秘解消効果が期待できるでしょう。ぜひ試してみてください。

まとめ

お茶と便秘解消についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。
便秘で悩んでいる人はお茶を正しく飲んで便秘解消を目指していってみてください。
地道に飲み続けていけば次第に効果が出てくるはずです。

  1. 便秘解消は「水分補給」が大切
  2. お茶に含まれる“カフェイン”と“カテキン”に注目
  3. 過剰な摂取は逆効果
  4. 下剤作用のある成分が含まれているお茶はNG
  5. 常温または温かいお茶を飲むと効果がアップする
  6. お茶にはさまざまな種類がある

以上の6点についてしっかり把握しておけば大丈夫です。
便秘に効果的なお茶にはたくさんの種類があり、多くの商品が発売されています。自分の目的にあった成分が含まれているお茶を選び、正しい方法で飲み続けていってください。

人によって効果があらわれる時期は違い、飲んでからすぐに便が出てくる人や1週間ぐらい飲み続けてやっと効果が出てきた人などさまざまです。地道に飲み続けていけばきっと効果は出てきます。

それでも高価が出てこない場合は、自分の体質にあっていないか、または間違った方法で飲んでいる可能性が考えられます。
また、お茶には、下剤作用のある強力な成分が入っているものもあるので、お茶選びは注意しておかなければなりません。強力な成分が入っているお茶は、逆に便秘を引き起こしてしまう要因になっていると報告されています。便秘がひどくなったな…と感じたらすぐに飲むのをやめてください。

大切なのは、自分にあったお茶かどうかです。
お試しセットを利用して、自分にあっているかどうか確認していくと良いですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加