青汁がもたらす便秘解消効果

青汁がもたらす便秘解消効果は?正しい飲み方とデメリットを知ろう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は体質や生活習慣が関連していることがほとんどです。便秘に悩む方は多いのですが、どんな解消法を試しても効果が得られないこともあるでしょう。しかし、慢性的な便秘は体調不良の原因です。単なる便秘から深刻な症状を引き起こすことも考えられます。
今回は、青汁を飲むことで得られる便秘解消効果についてです。いろいろな方法を試しても効果が出ない、便秘で苦しんでいる方はぜひ試してみてください。また、青汁を便秘解消に取り入れるなら、正しい飲み方やデメリットなども知っておくべきでしょう。

  1. 青汁の便秘解消効果
  2. 青汁のデメリット
  3. 複方熊胆円の紹介
  4. まとめ

1.青汁の便秘解消効果

かつては飲みにくいイメージだった青汁ですが、現在販売されている青汁は飲みやすく改良され、口コミで広まって多くの方々に受け入れられるようになってきました。
健康法としても人気のある青汁を、便秘解消に生かすことも見直されてきています。青汁にはどのような便秘解消効果があるのでしょうか? 

1-1.便秘の定義

便秘は、人によって感じ方が異なります。日本内科学会の発表では、3日以上の排便がない・排便後も残便感を抱くなどが便秘の定義です。
排便の頻度は個人差が大きいもの。排便が3日以上ないという定義より、普段よりすっきり出ないという感覚を抱いたら便秘だと捉(とら)えた方がいいでしょう。
便が硬くなって出にくいのも、便秘の兆候だと考えるべきです。

1-2.食物繊維が豊富

快適な排便には、食物繊維の摂取が効果的です。青汁の主成分であるケール・大麦青葉・明日葉(あしたば)などには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維を積極的に取ることで、腸内に蓄積している老廃物の排出も促してくれるのです。
食物繊維は腸を刺激し、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれる作用があります。普段とは異なる残便感を抱くようなら、食物繊維で腸の蠕動(ぜんどう)運動を活性化し、便を体外へ排出する働きを活用すると効果的です。

1-3.善玉菌を増殖する

腸内細菌の存在をご存じですか?腸の中には善玉菌と悪玉菌があります。しかし、悪玉菌は増殖しやすく、腸内環境悪化の原因です。腸内環境が悪化した場合、排便がスムーズに行われず、頑固な便秘になってしまいます。
腸内環境正常化には善玉菌を増やすことが大切で、青汁に含まれるオリゴ糖が善玉菌増殖に役立つとされているのです。正しい飲み方をすることで、便秘をしにくい体質に導いてくれます。

1-4.正しい飲み方

青汁を飲む時間帯は、特に決まっていません。ご自身のタイミングで飲み、継続していけることが大切です。ただし、便秘解消に効果がある時間帯として挙げられるのは、就寝前だとされています。就寝中に青汁に含まれる食物繊維が体内に吸収され、腸の活動が活発化するためです。
腸の動きが激しくなることで睡眠の質が下がる場合、飲む時間帯はずらすようにしてください。
摂取量はパッケージに記載されている上限を守りましょう。

12