むくみ腸の症状と改善方法

むくみ腸は便秘薬の使い過ぎが原因? 症状と改善方法を徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

むくみ腸という言葉をご存じでしょうか。むくみ腸とは手や足、顔だけでなく腸までもむくみ出している状態のことです。むくみ腸になると便秘だけでなく肥満、下痢(げり)にもなりやすいので注意しましょう。この記事では、むくみ腸についてまとめました。

  1. むくみ腸とは
  2. むくみ腸の原因
  3. むくみ腸と便秘の関係
  4. むくみ腸の改善方法
  5. まとめ

1.むくみ腸とは

最近、女性の間で気にしている方が多いむくみ腸。では、実際にどのようなものなかチェックしておきましょう。

1-1.むくみ腸の特徴

むくみ腸とは、体全体が水っぽくポチャポチャしている状態になっている人です。また、常になっていなくても顔や足が水太りしている人も「むくみ腸」が原因の場合があります。
人が口に入れたものは、食道や胃を通って腸へ向かうもの。その課程で栄養素を体の中に取り入れていくと共に固形物が液状化していきます。大腸では、その液状化したものから水分を吸い取って便にしていくのです。
ですが、大腸の機能が低下していると水分を吸水しきれず水がたまっていきます。その水分が腹にたまった状態が「むくみ腸」です。

1-2.こんな人は「むくみ腸」です!

では、どのような状態であればむくみ腸と言えるのでしょうか。
特徴の1つに「便秘が3日続いている」が挙げられます。また、便秘が続いている上に下剤を5年以上使っているとむくみ腸である傾向が強くなるのです。便秘と共におならが気になるぐらい臭いとむくみ腸である可能性が高くなります。
むくみ腸になるとニキビや肌荒れがずっと治らない状態が続くのも特徴です。さらに、ダイエットをしてもお腹(なか)だけが出ているとむくみ腸である可能性が高いと思いましょう。

12