妊娠中の便秘解消法

便秘に悩む妊婦さん必見!妊娠中の便秘解消法や使ってよい便秘薬は?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘に悩む妊婦というのは、決して少なくありません。
妊娠すると運動量が減ったりホルモンバランスが崩れたりするので、今まで便秘知らずの方でも便秘するケースも多いのです。
便秘は最もポピュラーな体の不調のひとつなので、解消方法もいろいろあります。
しかし、妊娠中は使える方法も限られていますし、注意しなければないことも多いのです。
そこで、今回は妊娠中の便秘解消方法についてご紹介しましょう。
今は、妊娠中にやってよいこと、悪いことにかんする情報も豊富に手に入ります。
だからこそ、情報の取捨選択に迷う方もいるでしょう。

  1. 妊婦が便秘しやすい理由
  2. 妊娠時期による便秘の症状や対処法の変化
  3. 妊婦の便秘解消法
  4. 妊婦と便秘薬について
  5. 妊婦の便秘解消についてよくある質問

今回は妊婦の便秘解消に特化した記事をお届けします。
この記事を読めば、つらい便秘から解放されるヒントがつかめるでしょう。
妊娠している方や、家族が妊婦という方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.妊婦が便秘しやすい理由

始めに、妊娠すると便秘をしやすい理由をご紹介しましょう。
もともと女性は男性に比べると便秘しやすい方が多いのですが、妊娠をすると今まで便秘知らずな人でも便秘になってしまう可能性が高いのです。

1-1.ホルモンが便秘を招く?

妊娠をすると、赤ちゃんを子宮内で育てるために女性ホルモンの分泌が盛んになります。
その中でも、「黄体ホルモン」は、子宮の収縮を抑える働きがあるのです。
ただし、このホルモンの分泌が盛んになると、便を大腸から直腸へと送りだす役割を担う「平滑筋」という筋肉の動きも弱めてしまいます。
すると、腸のぜん動運動が鈍くなり便が腸内にたまりやすくなるのです。
ですから、今まで便秘知らずだった方も便秘に苦しみやすくなります。

1-2.つわりや子宮の大きさも便秘の原因になる

妊娠中の便秘の原因は時期によって変化する場合もあります。
たとえば、初期のころはつわりで食べられる量が少なくなり、便の量が少なることによって便秘になりやすくもなるでしょう。
また、後期になると赤ちゃんが子宮内で大きくなり、ほかの臓器を圧迫します。
すると、腸も押しつぶされて便秘になりやすくなるでしょう。
このように、原因が異なれば対処法も変わってくるのです。

1-3.精神状態も大切

妊娠は、女性の体だけでなく精神に大きな変化をもたらします。
前述した女性ホルモンは、精神にも影響を与えるのです。
そして、腸は「第二の脳」といわれるくらい精神状態に影響を受けます。
緊張したり不安になったりするとおなかの調子が悪くなる人は珍しくありません。
妊娠すると喜ばしい反面、不安になる方も多いでしょう。
それが便秘を促進させてしまうかもしれません。

1-4.妊婦の便秘の特徴とは?

妊娠中の便秘は、「便の硬さ」に悩まされる方が多いでしょう。
便意はあるのに、硬くて出ない。
出てもポロポロとした便が少量だけで、すっきりしないなどが代表的な症状になります。
このような硬い便は時間がたつとますます硬くなり、出にくくなるでしょう。
その結果おなかの張りに苦しんだり、無理に出そうとして痔(じ)になったりしやすいのです。
さらに便秘がすすめば、腹痛がひどくなって病院にかけこむはめになるかもしれません。