便秘に効果的な足浴

便秘に効果的な足浴とは ~冷え症の女性にもおすすめできるやり方~

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「足浴」という言葉を聞いたことあるでしょうか。「足湯」とほぼ同じ意味の足浴は、風邪を引いたり体調が悪かったりするときの入浴方法として知られています。この記事では、足浴の効果や便秘との関連性についてまとめました。

  1. 足浴は便秘に効く?
  2. 足浴の効果
  3. 足浴のやり方
  4. まとめ

1.足浴は便秘に効く?

足浴をするだけで便秘の効果があるのか。便秘に悩む女性が誰でも思うところだと思います。そこで、足浴が便秘にも効果的な理由についてまとめました。

1-1.便秘の原因は「冷え」にある

便秘になるとさまざまな病気を招くと言われています。腹痛だけでなく頭痛、ひどい場合はガンの原因にもなるのです。その便秘を引き寄せるのは、体全体の冷えとも言われているのを知っておきましょう。
体温が下がると血行が悪くなります。血行が悪くなると老廃物や体に悪い成分がたまるようになるのです。その結果、排便機能も下がってしまい便秘にもなりやすくなると思いましょう。
また、体温が下がると免疫力も下がり始めます。体が病原菌や細菌に負けやすい状態となり風邪を引きやすくなるのです。ある研究では、体温が下がることでガンや認知症の発症率が上がるとも言われています。「冷えは万病の元」と言われるのは、このようにさまざまな体調不良の引き金になっているのが由縁です。

1-2.体が冷えるのは足先から

体の冷えがやってくるのは、足先から来ると言われています。これは、血液を押し返す力が足から弱くなる特徴があるからです。
足は、心臓から流れてきた血液を押し上げる役割があります。しかし、足の筋肉が弱くなると押し返す力が弱くなって体全体の血行が悪くなるのです。その結果、足先が冷えて体全体に影響が出ると思いましょう。
足先が冷えると次第に血液循環が悪くなります。次第に体温が下がると共に栄養が全身に行き渡らなくなるのです。その影響で、内臓・胃腸まで栄養が渡らなくなり動きが悪くなります。その結果、便秘になると思いましょう。。
冷え症になると便秘以外に頭痛や睡眠の質低下などいいことはありません。

1-3.足浴をするだけで体は温まる!

体の血液循環に大きくかかわっている足は、足浴で機能を回復することができます。足が温められることで血液の流れが良くなり体調をよくする効果があるのです。体全体が温まると栄養素も胃腸まで届くようになり機能が回復し始めます。
また、足浴にはツボを刺激する効果も見込めるのです。足の裏には、体のバランスを保つために多くの神経が張り巡らされています。足にツボが多く存在するのは、神経のスイッチのように機能しているからです。
たくさんツボがある上、日常的に使うので足は疲れやすい部位となっています。その足を足浴やツボにてマッサージすることは、実は非常に重要となってくるのです。足を労わることで冷え症と共に便秘解消を目指しましょう。

12