玄米で便秘を解消する方法

玄米で便秘を解消する方法。重要なのは食べ方!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちが毎日食べているご飯は白米が一般的ですが、玄米のほうが栄養価に富んで便秘にもなりにくいと言われています。
でもそれは果たして本当なのでしょうか?
そこで今回は、玄米と便秘の関係や便秘解消の効果がある正しい玄米の食べ方などをご紹介します。
「玄米を食べて便秘を解消したい」という方や便秘を解消したくて玄米を食べたらかえって悪化してしまったという方はぜひ読んでみてくださいね。
玄米は確かに栄養が豊富ですが、食べ方を間違えると胃腸に負担がかかったり、かえって便秘が悪化してしまったりすることもあるのです。


1. なぜ玄米を食べると便秘が治るの?

玄米とは稲からもみ殻を取り除いた精米する前のお米のことです。
「健康に良い」「強いデトックス効果がある」便秘解消の効果抜群といいことづくめの食品のように言われることが多いですが、それはいったいなぜでしょう。この項ではその理由をご紹介していきます。

ぬかには栄養分がいっぱい

玄米を精米する過程で出る副産物が「ぬか」です。
ぬかは漬物などに利用されることもありますが、大部分がゴミとして捨てられてしまいます。
しかしこのぬかにこそ食物繊維やビタミン・ミネラルなどの栄養分がたっぷりと含まれているのです。
江戸時代・まだ医学が発達していなかった頃、江戸では脚気というビタミン不足が原因の病が大流行していました。
これは江戸では精米された白米が出回っており、玄米がほとんど食べられていなかったのが原因だと言われています。
つまり、白米はおいしさと引き換えに栄養分をある程度失ったお米なんですね。
私たちの多くがそんなお米を主食にしているのです。

食物繊維が無理なく摂れる

食物繊維が含まれている食べ物といえば、こんにゃくや海藻・サツマイモなどがあげられますが、これらの食べ物は意識しないと摂ることができません。
しかし、お米は主食ですから意識しなくても摂り続けることができます。
食物繊維は腸内をきれいにしてくれる便秘解消の強力な味方。
これが無理なく摂れるのはとても嬉しいですね。

よく噛むことで内臓の負担が軽減

最近の食べ物は柔らかいものが多く、その気になればほとんどかまずに飲み込むことができます。
忙しいからと流し込むように食事をしている方は特にその傾向が強いでしょう。
しかし、「噛む」ということは消化の第一段階です。
ここがおろそかになれば胃や腸の負担が増えてしまい、たくさん食べるほど胃もたれや便秘の原因になります。
玄米は白米よりも噛みごたえがあるため、自然とよく噛むようになるでしょう。
これが内臓の負担を軽減させ、元気になった内臓が活発に動けるようになるために便秘が解消しやすくなるのです。

12