ストレスが原因の便秘はこうして解消

ストレスが原因の便秘はこうして解消! 効果的な改善方法を紹介!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘の原因はさまざまです。
しかし、最近ストレスが原因の便秘に悩まされる人が増えています。
ストレス性便秘とは、どんな症状があるのでしょうか?
また、ストレスが原因の便秘の解消法はどうすればよいでしょうか?
そこで今回はストレスが原因の便秘の特徴や解消する方法をご紹介します。
この便秘は運動不足や食習慣が原因の便秘とは異なり、下剤を飲むと悪化してしまう場合もあります。
ストレス性便秘で悩んでいるという方や、ストレス性便秘の解消法が知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 便秘とストレスの関係とは?
  2. ストレス性便秘の解消法とは?
  3. 過敏性大腸症候群になってしまったら?

1.便秘とストレスの関係とは?

まず初めに、ストレスと便秘の関係についてご紹介します。
ストレスがたまると下痢になるというイメージがある方もいるでしょう。
しかし、便秘と下痢というのは腸が正しく動いていないという点では同じことなのです。

1-1.ストレス性便秘の原因とは?

胃や腸などの内臓は、ストレスに弱いのです。
緊張すると胃が痛くなったりやたらとトイレに行きたくなったりする人も多いでしょう。
これは、自律神経のなかの交感神経が活発になることで胃腸の動きが乱れやすくなるからです。
胃腸の動きは自分の意志でコントロールできません。
胃腸の動きを調節するのは副交感神経といい、リラックスをしている際に働きやすい神経です。
しかし、ストレスがたまると副交感神経がうまく働かず、胃酸が多量に分泌されたり、腸がまるで痙攣をするように動いたりします。
その結果ストレス性便秘になってしまうのです。

1-2.ストレス性便秘の特徴とは?

ストレス性便秘の特徴は

  • 下腹部が痛いのに便が出ない
  • ウサギのフンのようなコロコロとした便が少量でて、残便感がある
  • 便秘と下痢が交互に繰り返される

などがあります。これがひどくなると「過敏性大腸症候群」という病気になります。
これは、ストレスがかかる場所に行こうとすると急に腹痛が来てトイレから出られなくなってしまう病気で、ひどくなると通勤や通学すら困難になってしまうでしょう。
有効な治療法は今だなく、対処療法で腹痛は排便をコントロールするしかありません。
誰にも相談できずに悩んでいる患者がかなりの数にのぼるのでは?と考えられています。

12