塩水洗浄で便秘が治る

塩水洗浄で便秘が治るという噂に注意! その仕組みと問題点を解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘解消やダイエットに効果のある方法として、2016年始めごろから塩水洗浄がインターネットの情報サイトで紹介され話題となっていました。「ソルトウォーターバッシング」や「レモネードダイエット」という名前でも呼ばれており、さまざまなネットメディアで紹介されていましたので、ご存じの方も多いと思います。

1リットルの塩水を短時間で飲みきるという方法で、便秘が解消したという方がいる一方、嘔吐や下痢など、体調不良の可能性も指摘されていました。2017年1月、NHKが塩水洗浄を取り上げたことをきっかけに改めてその問題点が注目されています。

この記事では、塩水洗浄の問題点や危険性、そして安全な便秘解消方法について紹介していきましょう。

  1. 便秘に塩水洗浄が効くといわれる理由
  2. 塩水洗浄の危険性
  3. 安全に便秘を解消する方法
  4. まとめ

1.便秘に塩水洗浄が効くといわれる理由

はじめに、塩水洗浄のやり方、なぜ効果があるとされていたのかについて解説します。

1-1.塩水洗浄のやり方

塩水洗浄は、1リットルの水に10mg(小さじ2杯分)の食塩を溶かして生理用食塩水を作り、それを20分以内に飲みきるというものです。朝起きてすぐの胃が空っぽの状態の時にやるのが最も効果的といわれていました。実際、水を飲んで1時間ほどすると自然に便意がおき、便が大量に出ます。

そのため、便秘解消に効果があるとしてネットの情報サイトで紹介されると同時に、たくさんの方が実行するようになりました。

1-2.大量に塩水を飲むと便が出る仕組み

腸がぜん動運動を起こすと直腸内から肛門の方へ便が移動し、便意が起こります。腸のぜん動運動が起こるのは、便が溜まったときや胃の中に食べ物や飲み物が入ってきた時です。そのため、体内に入る食べ物や飲み物の量が増えるほど、ぜん動運動は起こりやすくなります。

それに加えて、水は消化の必要がないため、胃を通過して小腸や大腸へ移動することが容易です。体内に吸収しきれない水分は尿となって排出されますが、短時間に大量の水を飲むと大便と共に排出されることもあります。ですから、短時間に大量の水を飲むと便が出やすくなるのです。

12