便秘解消に抜群の効果あり!?塩水洗浄とはどんなもの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘は、最もポピュラーな体の不調です。
しかし、だからこそ解消が難しいという意見もあります。
便秘で苦しんだ経験のある方は、食事や運動などいろいろな便秘解消法を試してみたという人も少なくないでしょう。
今回は、最近人気が高まっている塩水洗浄に付いてご紹介します。
塩水洗浄は、誰にでも簡単にできてすぐに効果が出やすいという便秘解消法です。
そのやり方や注意点もご紹介していきます。
興味がある方や便秘に悩んでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 塩水洗浄とは?
  2. 塩水洗浄のやり方とは?
  3. 塩水洗浄がうまくいかない場合とは?
  4. 塩分が制限されている方は医師と相談をしてから行う
  5. おわりに

1.塩水洗浄とは?

塩水洗浄とは、生理食塩水の約0.9%の濃度に調整された水を約1リットル飲むことで、便秘を解消する方法です。
便秘の原因のひとつに水分不足があります。
便は、適度な水分を含んでいないと固くなり、直腸でつっかえてしまってスムーズに出にくくなるのです。
長期間の便秘に悩んだことのある方なら、便意はきたものの固くて出すのに苦労したという人も珍しくないでしょう。
また、便意を起こすためには腸を動かさなければなりません。
腸を動かすには食べ物や飲み物を取るのが一番です。
食物繊維が便秘解消に効果があるのは、食物繊維が腸の中で水分を吸ってふくらみ、腸のぜん動運動をうながすため。
しかし、食物繊維は腸の中の水分をすべて自分で吸ってしまうので、便が固くなるというデメリットがあります。
また、すでに腸の中に便がたくさん詰まっている場合は、無理やり腸を動かすこともあり、腹痛が起こりやすいでしょう。
さらに、便意が起こるまで時間がかかることも少なくありません。
塩水洗浄は早ければ飲んで1時間ほど後に効果が現れます。
ですから、「今すぐ便秘を解消したい」という方にも効果的でしょう。

2.塩水洗浄のやり方とは?

では、塩水洗浄はどのように行えばよいのでしょうか?
この項では、その方法や注意点をご紹介しましょう。

2-1.塩水洗浄に必要なものとは?

塩水洗浄に必要なものは、ミネラルウォーターと天然塩、そして風味づけのレモン汁だけです。
水道水は独特のカルキ臭などがあり、1リットル飲むのはかなり大変だと思います。
ですから、ミネラルウォーターを用意しましょう。スーパーで手に入るもので十分です。
もちろん、愛飲しているものがあったらそれを利用しましょう。
塩もナトリウムが99%のものですとからいだけで飲みにくいので、塩分以外にもミネラル分が含まれている天然塩がお勧めです。
風味づけのレモン汁は無理に加えなくても構いません。
分量は水1リットルに対し、天然塩小さじ2杯、レモン汁大さじ2杯です。
ずいぶん塩をたくさん入れるな、と思う方もいるでしょう。
しかし、これが体内に蓄積されている塩分入りの水とほぼ同じものなのです。
この濃度の食塩水ですと、腎臓は塩分を吸収せずにそのまま体外へと排出されます。
また水分も尿にならずに腸へと送られるのです。

2-2.塩水洗浄のやり方とは?

塩水洗浄は、前述した方法で作った塩水を20分以内に飲みきるだけです。
しかし、注意しなければならないのが、飲む時間と体の調子。
胃の中に食べ物が入っている状態で塩水を飲んでも食べ物と混じり合ってしまい効果がありません。
ですから、胃の中は空っぽの状態で塩水を飲む必要があります。
1日のうちで胃が空っぽになっている状態のときといえば、朝です。
夕食を消化のよい軽めのものにして、寝る数時間前に終わらせておけば、翌朝目がさめたときは胃の中は空っぽになっているでしょう。
「できれば断食をしましょう」という意見もありますが、夕飯を一食抜くのは結構おなかがすくものです。
ですから、無理をしてはいけません。
さらに、塩水は常温のものを飲んでください。
冷たく冷やしたものを一気に飲むと、おなかが痛くなる可能性があります。

2-3.20分以内に飲むことが大切

塩水洗浄は、1リットルの水を短時間に飲むことが大切です。
目安は20分以内。早ければ早いほどよいでしょう。
しかし、常温の塩水はなかなか飲みにくいもの。
20分以内に飲みきるコツは、味あわないことです。
また、息をつくと飲みにくくなってしまうので、できれば大きなコップに入れて一気に飲めるだけ飲みましょう。
ただし、無理に飲むと吐き気がこみ上げてくる場合もあります。
ですから、350ミリリットルくらいずつ3回に分けて飲んでみてください。
350ミリリットルといえば通常サイズの缶ビールひとつ分です。
1回飲むごとに数分間様子を見れば、吐き気が起こりにくいでしょう。

2-4.効果は1時間以内に現れる

塩水洗浄をするとおおよそ1時間以内に便意が起こります。
しばらく便秘をしていた、という方はもう少し時間がかかるかもしれません。
この便意では腹痛を感じることはほとんどないそうです。
また、最初は普通の便ですが徐々に水分が多くなり、やがてほとんど水になります。
この際は、何度もトイレに行くことになるでしょう。
ですから、その日は最低でも半日は予定を入れずにデトックスに励んでください。
また、便意は起こるけれどいまひとつ弱いといい場合は、おなかをマッサージしてみましょう。
円を描くようにすると腸の動きが促進されます。

3.塩水洗浄がうまくいかない場合とは?

塩水洗浄は万人に効果があるわけではありません。
失敗した、という方もいます。
塩水洗浄が失敗する原因はいろいろありますが、その中のひとつが食べ物です。
胃の中に食べ物が入っていると食べ物と混じり合ってしまって効果がありません。
消化の遅いものは12時間近く胃の中にとどまり続けます。
消化の遅い食べ物の代表格といえば、こんにゃくや海藻など、食物繊維が豊富なもの。
また、玄米も消化するのに時間がかかります。
ダイエット中はこのような食べ物を「腹持ちがよい」として食べることが多いでしょう。
ですから、このようなものは前日に食べないようにしてください。
また、冷蔵庫で冷やした塩水を一気に飲むと内臓が急激に冷えてかえって動きが鈍くなります。
常温か、おなかの弱い方は40度前後にしておくとよいでしょう。

4.塩分が制限されている方は医師と相談をしてから行う

水1リットルに対し、塩小さじ2というのは濃い目の塩水ができます。
いくら腎臓に吸収されないとはいえ、塩分制限をしている方は不用意に試さない方がよいでしょう。
必ず医師と確認してください。
特に、むくみに悩んでいる方は要注意です。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は塩水洗浄に付いてご紹介しました。
塩水洗浄のメリットは、誰でもすぐにできるということと、効果がすぐに現れるということです。
便秘になっておなかがはってしまい苦しいという方は、ぜひチャレンジしてみましょう。
ただし、飲んでも効果がなかったからといって、水を増やしてはいけません。
水1リットルというのはかなりの分量です。
コンビニなどで売っている、500ミリリットルのペットボトル2本分になります。
ですから、やみくもに分量を増やしても効果があるどころかかえって健康に悪影響を与えるでしょう。
ですから、効果がなかった場合は市販の便秘薬など別の方法を試してみてください。
また、高齢者や子どもなども試すときは慎重に行いましょう。
さらに、便意がどのくらいの強さと感覚でやってくるのかは個人差があります。
ですから、その日の外出はできるだけ控えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加