転車に乗っているときに感じる膝痛

自転車に乗ると膝が痛い! 膝痛の原因や対処・予防方法を解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

免許いらずの手軽な乗り物として人気の高い自転車。最近はロードバイクを使って長距離を走る人も増えています。しかし、自転車に乗ると膝痛がする、という人も同時に増えているのです。それはいったいなぜでしょうか?そこで今回は自転車で膝が痛くなる理由や、その対処法をご紹介しましょう。自転車に乗ると膝が痛くなるという方や、痛くはないけれど違和感を覚えるという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 自転車に乗ると膝が痛くなる原因は?
  2. 自転車を調整してみよう
  3. 痛みが出た場合の対処法とは?
  4. 自転車による膝痛の治し方
  5. 自転車による膝痛を予防する方法
  6. 自転車と膝の痛みに関するよくある質問
  7. まとめ

1.自転車に乗ると膝が痛くなる原因は?

この項では、自転車に乗ると膝が痛くなる原因をご紹介していきます。自転車は手軽に乗れる乗り物ですが、正しい乗り方は意外と難しいのです。

1-1.自転車は意外とハードなスポーツ

通勤や通学に自転車を利用している人は多いでしょう。気軽な乗り物と思われがちな自転車ですが、実はハードなスポーツなのです。スピードを競う競輪の選手の太ももをご覧になったことがありますか? 痩せた女性の腰くらいの太さがあります。競輪選手と一般人を比べるわけにはいきませんが、それでも毎日一定時間自転車をこぎ続けると、太ももが太くなるほどハードなスポーツなのです。

1-2.自転車はバランスが大事

自転車には大きく分けてシティサイクルとスポーツサイクルの2種類があります。シティサイクルは街中でよく見かけるタイプの自転車で、値段も手ごろですから買い物や通勤に使われることが多いです。スポーツサイクルはクロスバイクやマウンテンバイク、ロードバイクなどさらに細かい種類に分かれいますが、長距離を走るのに適した形をした軽量の自転車です。

今はロードバイクの人気が高まっているので、持っているという人も多いでしょう。実は自転車に乗るためには足の筋力とバランス感覚が大事なのです。自転車に乗れるようになるまでに、何度も転んだという人も少なくないでしょう。そして、体に合わない自転車に乗っていると、自転車を動かすのに無理な力がかかり、膝が痛みやすいのです。

1-3.ストレッチ不足も痛みの原因

自転車に乗るときにストレッチをする人はほとんどいないでしょう。しかし、前述したように自転車はハードなスポーツです。さらに、ロードバイクなどのスポーツタイプのバイクを乗りこなすには足に力を入れてバランスを取り続けなければなりません。つまり、自転車に乗るということは、足の筋肉と関節をフル稼働するということです。何の予備動作もなしにいきなり激しく足を動かせば、痛みが起こるのは当然かもしれません。膝痛を防ぐためには入念なストレッチをしてから自転車に乗りましょう。