関節痛になってしまう原因

関節痛になってしまう原因とは? 押さえておくべき3つのポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

年を取るにつれて長時間同じ姿勢でいると、ひじやひざ、指の関節などが痛みだすことが増えてきます。「年だからしょうがない」と思いがちですが、生活習慣が理由であったり、病気が原因で関節鵜の症状が出た、という場合も多いのです。

そこで今回は関節痛の原因と治療法をご紹介していきます。関節が痛みだす病気の場合は、早期治療を行えば予後が良いということも多いのです。関節が痛んでつらいという方や、関節が痛む原因を知りたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 関節痛とは?
  2. 関節痛のセルフチェック
  3. 関節が痛む原因は?
  4. 関節が痛みだしたらどうしたらいいの?
  5. 関節痛を防ぐためにできることとは?
  6. 関節痛に関するよくある質問

1.関節痛とは?

関節とは、骨と骨との連結部分のことです。私たちの体は200本以上の骨で構成されており、全身に約206の関節があります。関節があるからこそ私たちは自由に体を動かせるのです。では、関節痛とはどのような症状をさすのでしょうか? 

1-1.関節痛の症状

関節痛というと、立つ・座る・歩くといった動作の際、関節に痛みを感じる症状というイメージを持っている方も多いことでしょう。確かに、これも関節痛の症状の一つです。しかし、痛み以外にも痛みや強張り・動かしにくさといった症状も関節痛の一種になります。また、関節痛は関節を動かしている時に痛みが出ると思われがちですが、症状が進めば安静にしていても痛みが出る場合もあるでしょう。

1-2.関節痛が出やすい部位

関節痛が出やすい代表的な場所は、膝・肩・腰などです。肩こりや腰痛は、若いうちから悩まされている方も多いでしょう。また、年を取ったり激しいスポーツを長期間行ったりしていると、膝関節に痛みが出やすくなります。さらに、手首や指の関節の痛みに悩まされている方も珍しくありません。

1-3.関連する病気について

関節痛の原因は加齢・関節に過重な負担がかかり続けた・ケガなどさまざまですが、関節リウマチをはじめとする膠原病を発症すると、全身の関節が痛むという症状が現れます。また、痛風のように足の親指の関節だけが痛む、というような症状が現れる病気もあるので、関節痛を甘く見てはいけません。骨肉腫(こつにくしゅ)などを発症している場合は、命にかかわることもあります。

1-4.関節痛になりやすい人

関節痛は、性別・年代問わずに発症する可能性がある症状です。中でも

  • 特定の関節を長期間にわたって激しく使い続けた
  • 肥満
  • 運動不足
  • ケガをして関節を痛めたことがある
  • 高齢者

このような方は、関節痛になりやすいでしょう。