腸内フローラの改善方法

腸内フローラとは? 悪化する原因と改善方法を徹底解説!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

腸内環境をよくすると、便秘が改善したりお肌の調子がよくなったりする。
という話を聞いたことがある方も多いでしょう。
しかし、その一方で「腸内環境の改善ってどういうこと?」と疑問に思う方もいるかもしれません。
腸内環境の状態を知る方法として、腸内フローラを調べるという方法があります。
「フローラ」とはお花畑という意味ですが、腸内フローラは、腸の中にいる細菌の割合や状態のことを指すのです。
そこで、今回は腸内フローラを改善する方法をご紹介します。

  1. 腸内フローラとは?
  2. 腸内フローラのバランスと体調との関係
  3. 腸内フローラを改善する方法とは?
  4. 腸内フローラを調えるメリット
  5. 年齢と腸内フローラについて
  6. 腸内フローラにかんするよくある質問

腸内環境の改善には乳酸菌がよいというのはもはや常識ですが、食べ物やサプリメント以外で改善する方法は何があるのでしょうか?
それは、この記事を読めば分かりますよ。
おなかの具合がしょっちゅう悪くなるという方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.腸内フローラとは?

始めに、腸内フローラとはどういうものかということや、食べ物や生活習慣によってどのように変化するのかということをご紹介します。
いったいどのような細菌が腸内フローラを形成しているのでしょうか?

1-1.腸内フローラって何?

私たちの腸内にはいろいろな細菌が住みついています。
「大腸菌」という言葉を聞いた言葉ある方も多いでしょう。
この菌は、大腸に住みついているので大腸菌といいます。
また、このほかにも善玉菌や悪玉菌も有名です。
腸内フローラとは別名「腸内細菌叢」といい、腸内細菌の生態系や状態のことを指します。
腸内フローラの状態は食生活や生活習慣によって変化するため、人によって状態が違うのです。
また、腸内フローラの状態を見ればその人の健康状態も分かります。

1-2.腸内フローラに含まれている細菌とは?

腸内フローラは、腸内に住んでいる細菌のかたまりでもあります。
その中でも人間の健康状態をよくしてくれる細菌を「善玉菌」。
食べ物を腐敗させるなど腸内環境を悪化させる「悪玉菌」が有名です。
しかし、それだけではなく特に悪さもしないけれど、腸の状態によっては悪玉菌に変化する「日和見菌」があります。
理想の腸内環境は、善玉菌2割、悪玉菌1割、そして日和見菌7割だといわれているのです。
思ったより善玉菌が少ない?と思った方もいるかもしれません。
しかし、数が多ければよいというわけでもないのです。
また、「悪玉菌を全滅できないのか?」と思う方もいるでしょう。
しかし、悪玉菌も肉類に含まれているタンパク質を分解するなどの役割を担っています。
ですから、悪玉菌が増えすぎないように善玉菌や日和見菌の数を調整することが大切なのです。

1-3.腸内細菌の役割とは?

腸内細菌の状態によって、腸内の環境は変化します。
善玉菌が増えれば、腸の動きが活発になり便通もよくなるでしょう。
便秘は最もありふれた体の不調ですが、なかなか改善せず、長年苦しんでいる方も少なくありません。
腸内環境の悪化が便秘の原因であることもよく知られていますが、この「腸内環境の悪化」というのは、腸内細菌のバランスが崩れたということ。
善玉菌が減少し悪玉菌が増えることで、腸内の消化や吸収、さらに腸のぜん動運動にも影響が出てくるのです。
つまり、腸内フローラの状態を良好にたもつことが、便秘解消をはじめとするおなかの健康維持にとっては大切になります。