便秘は果物でおいしく解消

便秘は果物でおいしく解消! 効果を高める食べ方や注意点は?

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘といえば食物繊維を摂ったほうがいいという話は有名ですが、果物も効果的です。どうせならばおいしい果物を食べて便秘解消したいと思っている人のために、おすすめの果物についてご紹介します。

便秘に効く果物もあればあまり効果がないものもあるので、どういった果物を積極的に食べればいいのかチェックしてみましょう。他にも果物で便秘解消を目指す際に知っておきたい注意点などもご紹介します。

  1. 便秘に効果のある果物と働き
  2. 効果的な食べ方
  3. 果物で便秘を解消する際の注意点
  4. まとめ

1.便秘に効果のある果物と働き

便秘に効く果物といえば食物繊維が豊富なものが挙げられます。便秘解消のためには食物繊維が効果的だというのは有名な話ではないでしょうか? これは、食物繊維は消化されずに便の元になる他、腸を刺激して排便を促す働きを持っているためです。そこで、食物繊維を豊富に含む果物を中心にご紹介しましょう。

1-1.バナナ

以前、朝バナナダイエットというものが流行ったのはご存知でしょうか。朝バナナダイエットもバナナに含まれているたくさんの食物繊維が便秘を解消することによってダイエット効果が得られるという仕組みでした。バナナには食物繊維の他、レジスタントスターチというでんぷん質が含まれているのですが、このでんぷん質も食物繊維と同じく消化されにくいという特徴を持っています。

それから、バナナにはフラクトオリゴ糖と呼ばれるものがたくさん含まれており、腸内の善玉菌を助ける働きを持っているというのも特徴です。便秘気味になってしまうと腸内では悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなってしまいます。これを解消するためにもバナナを積極的に取り入れ、腸内環境を改善しながら便秘解消を目指しましょう。

1日あたり1~2本を食べると効果的です。また熟し切ったものよりも若いバナナのほうが便秘解消に効果的なので、硬い状態で買ってきて早めに食べきるようにしましょう。

1-2.リンゴ

リンゴにもたくさんの食物繊維が含まれており、便秘に効く果物として人気があります。さらに便秘ではなく、下痢の時もリンゴを食べるといいという話を聞いたことがないでしょうか? これはバナナと同じくリンゴに含まれているオリゴ糖が関係しています。リンゴを食べる際には皮ごと食べるのがおすすめ。実の部分よりも皮に食物繊維が含まれているので、皮ごと食べましょう。

1-3.キウイフルーツ

キウイフルーツといえばかなり酸っぱいイメージを持っている人もいるかもしれません。ですが、近年スーパーなどで出回っているキウイフルーツは甘いものが多く、酸っぱいのが苦手な人でも食べられるものが増えてきました。

キウイフルーツも食物繊維が豊富な果物として知られています。それにキウイフルーツは真ん中から切ってスプーンですくって食べられるということもあり、便秘は解消したいけれど面倒なことはしたくないという人にもおすすめです。

キウイフルーツ1個で1日に摂取したい食物繊維量のうち15%ほどが取れるので、食物繊維不足や野菜不足を感じている方も取り入れてみてはどうでしょうか?

1-4.梨

梨といえばほとんどが水分のような気がしますよね。ですが梨を食べた時に感じるしゃりっとした食感は石細胞(せきさいぼう)という食物繊維の一種なのです。そう考えると、梨にはたくさんの食物繊維が含まれているということも頷けます。

1-5.その他

他にはビタミンがたっぷり含まれているブルーベリーもおすすめです。ブルーベリーといえばポリフェノールやビタミンCが含まれているとして有名ですが、食物繊維も豊富に含まれています。

それと、みかんなどの柑橘(かんきつ)類にも食物繊維が豊富に含まれているのでおすすめです。

12