慢性便秘とはどんな症状?

慢性便秘とはどんな症状があるの? その種類とともにご紹介します。

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘は、最もポピュラーな体の不調です。
「今まで全く便秘で悩んだことがない」という方のほうが、少ないでしょう。
便秘の中でも、長期間続いているものを「慢性便秘」と言います。
そこで今回は、「慢性便秘とはどのような特徴があるのか」ということをご説明しましょう。
慢性便秘の中にもいくつか種類があり、症状によってはすぐに病院で診察してもらったほうがよいもののあります。
「たかが便秘」と侮ってはいけません。
改善方法もご一緒にご紹介しますので、長年便秘で悩んでいる方はぜひこの記事を読んで参考にしてください。

目次

  1. 便秘の種類とは?
  2. 慢性便秘の種類とは?
  3. 便秘を放っておくとどうなるの?
  4. 便秘を解消する方法とは?
  5. おわり

1.便秘の種類とは?

まず始めに便秘の種類をご説明しましょう。
放っておいても治る便秘と、治りにくい便秘があるのです。

1-1.一過性便秘

生活習慣や食生活の変化やストレスなどが原因で一時的に便秘になることを、「一過性便秘」と言います。
長期旅行をすると便秘気味になる、という方は多いでしょう。
これも一過性便秘のひとつです。
また、進学や就職で環境ががらりと変わると便秘になる方もいるでしょう。
「一過性」という言葉が示す通り、環境に慣れたり食生活を変えたりすれば自然と便秘は解消します。
しかし、一過性便秘をいつまでも放置しておくと、慢性便秘に移行してしまうかもしれません。

1-2.慢性便秘

慢性便秘とは、一過性便秘が治らずに慢性化したものを言います。
努めて便秘解消を心がけてもなかなか改善せず、不快な思いに悩んでいる方も多いでしょう。
中には十年以上便秘で苦しんでいる方もいます。
また、年を取ると便秘になる人も増えるのです。
さらに慢性便秘の中には、病気が原因のものもあります。
これは、放置しておいても治りません。
また、便秘が症状のひとつである病気の中でも、「大腸がん」は放っておくと命にもかかわります。
ですから、「たかが便秘」と思って放っておいてはいけません。
あまりにも続くようなら、病院で診察してもらいましょう。

12