膝痛に悩む人必見!

靴が原因で膝痛になる?! 膝に優しい靴の選び方

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

関節の痛みは、年齢をかさねるたびに増えてくる悩みです。特に、負担をかけやすい膝に痛みを訴える人は多いでしょう。年齢のせいで膝痛を感じる場合、痛みが悪化しないためにも靴選びが大切です。靴選びで失敗している人は多くいます。50代になったら、膝痛の対策として履く靴を見直してみましょう。

今回は、膝に優しい靴の選び方から膝痛を予防する歩き方まで、膝と靴の関係についてご紹介します。

  1. 膝の痛みについて
  2. 膝に優しい靴の選び方
  3. 膝痛が悪化する可能性がある靴は?
  4. 膝に負担がかからない歩き方・履き方
  5. 靴の選び方に関するよくある質問
  6. まとめ

1.膝の痛みについて

1-1.膝の痛みが出る病気など

膝の痛みはそれほど珍しい症状ではありません。靴が体に合っていない、体重の増加や歩きすぎといったことでも起こるでしょう。このようなことが原因の膝の痛みは、座ったり眠ったりしているうちに解消します。しかし、病気が原因で膝の痛みが起こる場合は、安静にしていても膝が痛み続けることが多いでしょう。膝の関節に痛みが出る病気には、関節性リウマチや通風・膝関節炎などがあります。年を取るにつれて、膝関節に痛みが出る病気にもかかりやすくなるでしょう。

1-2.膝に痛みが出た場合の対処法

膝に痛みが出たら、市販の消炎湿布薬などを貼って安静にして様子をみてみましょう。歩くときだけ痛みが出る場合は、テーピングやサポーターをして、膝関節を固定すると痛みが出にくくなります。膝を冷やさないことも大切です。夏場でも膝が隠れるような服装をしましょう。

なお、膝関節が外から見ても腫れていることが分かる場合は、冷湿布などを貼って病院を受診してください。ねんざなどを起こしている可能性があります。

1-3.病院へ行く目安

前述したように、安静にしていても膝関節が痛む場合や、痛みが日に日に強くなっていく場合は病院へ行きましょう。病気でなくても関節に異常が出ている場合もあります。膝関節に痛みが出ている場合は、まず整形外科を受診してください。リウマチなどの疑いがある場合は、整形外科医が専門科への紹介状を書いてくれます。

1-4.注意点

膝の痛みを緩和させてもらうために、整体院で施術を受けるという方もいるでしょう。整体院とは整体術を用いて筋肉のこわばりをほぐし、こりや痛みを軽減する施術です。しかし、整体院は医療機関ではありません。膝に痛みが出たらまずは整形外科を受診し、原因を突き止めてから整体院で施術を受けましょう。