テニスをすると膝が痛い人へ

テニスをすると膝が痛い人へ!〜膝痛の原因・予防3つのポイント〜

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

趣味でテニスを楽しんでいる人は多いものです。しかし、テニスは足腰に負担がかかるため、日頃身体のメンテナンスをおこたると突然膝痛に悩まされることもあります。そこで、いつまでも快適にテニスを楽しむための膝痛対策をご紹介しましょう。

  1. テニスをしていて膝が痛む原因
  2. 痛みを和らげる方法
  3. 膝痛を予防する方法

1.テニスをしていて膝が痛む原因

テニスというスポーツは、走る・ダッシュする・跳ぶ・方向転換する…など、さまざまな動きが求められます。さらに、スピードも要求されるのです。そのために、テニスは、激しい運動トップ10に入ります。趣味のスポーツのなかでも、テニスは幅広い世代で親しまれているスポーツです。しかしながら、長年テニスに親しんできた人のなかには中高年になると、「最近テニスのときに膝の痛みを感じる」という人が多くなります。テニスのときに膝の痛みを感じるのは、どのようなことが原因なのでしょうか。

1-1.膝の使い過ぎ

テニスのとき、ひんぱんに動き回っていると、膝の使い過ぎ(オーバーユース)が原因で膝が痛くなるのです。通常は、運動により負荷を受けた身体の組織は一度壊れてから、修復され再生します。しかしながら、テニスで身体を使い過ぎると、修復のスピードが間に合わず膝痛などのトラブルの原因になるのです。

1-2.筋力の低下

加齢などで膝周辺の筋力が衰えていると、膝にも影響を及ぼします。筋力が衰えると、足を伸ばしたときに膝を支えられない、不安定になる、衝撃を吸収できないなどの状態になり痛みを引き起こすのです。また、筋力が衰えていると、筋肉疲労の回復も遅くなってしまいます。

1-3.ウォーミングアップ不足

テニスをする前に、軽くストレッチやランニングでウォーミングアップをすることが大切です。身体を温め血行をアップして、筋肉を柔らかくほぐすために行います。ウォーミングアップを行わないと、関節や筋肉がこわばったままで急に激しく動くことになるのです。そのため、テニス中の膝への負担を和らげることが難しくなり、膝痛を招きます。

1-4.クーリングダウン不足

運動をした後には、筋肉に疲労物質が残らないように、軽くランニングやストレッチを行って身体をクールダウンします。クールダウンを行わないと、疲労物質が筋肉に蓄積され疲れがたまり硬くなるのです。硬い状態の筋肉は膝のトラブルを招きます。クーリングダウンは必ず行ってください。

1-5.テニスシューズが身体に合っていない

自分に合っていないシューズを使用していると、膝に負担がかかります。そのため、サイズのみならず、膝や足腰への衝撃を緩和するクッションやインソールがある構造のシューズを選ぶことも大切です。

1-6.加齢による軟骨の減少

膝の関節には軟骨があり、クッション材として衝撃を吸収しています。軟骨は加齢により、年々すり減るため膝に痛みを感じるようになるのです。筋肉疲労がとれないうちに、過度にテニスなどのスポーツを行うことも関節軟骨の摩擦を早めます。

12