便秘が解消できる便座の座り方

すぐにできる! 便秘が解消できる便座の座り方

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘の悩みはつらいものです。便秘が引き起こすほかの問題を避けるためにも、なんとか便秘を解消する方法はないかと考える方も多いことでしょう。実は、便座の座り方を変えるだけで、劇的に便秘を解消できることがわかりました。どのような便座の座り方が便秘を解消するのか、その仕組みについての解説も含めてご紹介します。

  1. 体の仕組みを考えた便座の座り方
  2. 今すぐできる便座の座り方の改善方法
  3. いきみ方にも注意しよう

1.体の仕組みを考えた便座の座り方

1-1.直腸と肛門(こうもん)の位置からわかる便座の座り方

体の仕組みを考えるなら、おのずと便秘を解消するための便座の座り方がわかってきます。通常わたしたちは立つ、または座る姿勢で生活しているわけです。ですから、もし直腸と肛門(こうもん)がまっすぐにつながっているならば、便は容易に出てしまうことになります。しかし、そのようなことが生じないのは、体の仕組みの不思議なところです。実は、直腸と肛門(こうもん)は直角につながっているので、便が重力によって排出されないような作りとなっています。簡単に言うなら、直腸は背中側から前に向かって伸びており、そこから肛門(こうもん)の方向へ下に向かっているのです。ですから、体の姿勢がその直腸と肛門(こうもん)のつながりぐあいをまっすぐにしてあげることができれば、排便のしやすい姿勢になるということになります。

1-2.和式と洋式どちらを選ぶか

日本人の便秘は昔と比べて増えてきていると言われています。この主な原因は、和式便器から洋式便器へと主流な便座様式が変化していったことが原因のようです。つまり、和式便器であれば自然と体育座りのようになり、直腸と肛門(こうもん)がまっすぐになる体のかたちになることが自然な排便を促進していたということになります。ですから、もしどうしても便秘が治らないのであれば、あえて和式トイレで試してみるということもひとつの方法です。

1-3.便秘になりやすい便座の座り方

そのように考えると、便秘になりやすい便座の座り方もわかってきます。まっすぐに姿勢を正すような座り方で便座に座るなら、直腸と肛門(こうもん)を直角に保った状態となるので排便を促進することはありません。逆にのけぞるような姿勢でいきんだとしても、その姿勢は直腸と肛門(こうもん)への流れをより悪くするため、まったくの逆効果となります。また、便秘に取り組むために長居することを前提に本やスマートフォンを持ち込むこともおすすめできません。効率的に座り、的確なタイミングでいきむならしっかりと排便を行うことは可能です。

12