プチ断食でおなかスッキリ

意外と怖い「宿便」の原因や解消法!プチ断食でおなかスッキリ!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘がちなので宿便が気になる」「宿便を出さないと体に悪いというのは本当か?」という悩み、よく分かります。宿便は毎日お通じがある人でもたまると言われており、体にさまざまな悪影響を及ぼすものです。この記事では、宿便の原因や特徴・解消法などを解説します。

  1. 宿便について知ろう!
  2. 宿便を解消する4つの方法と病院での治療法
  3. 宿便解消・予防に効果的な薬やサプリメントを紹介
  4. 宿便に「プチ断食」が効くって本当?
  5. 宿便にかんするよくある質問

この記事を読むことで、宿便の出し方について解決策が分かるはずですよ。


1.宿便について知ろう!

宿便という言葉を耳にしたことはあるけれど、実際にどのようなものを言うのか知らない、という人も多いと思います。まずは、宿便の特徴や便秘との関係・原因などをまとめて解説しましょう。

1-1.腸内にたまって動かなくなった「老廃物」のこと

宿便とは、腸の壁にこびりついて動かなくなった老廃物のことを言います。「滞留便」とも呼ばれ、健康な成人でも2~5キロの宿便があると言われているのです。
通常、便は24時間たつと自然と放出されます。しかし、放出されずに腸内に留(とど)まってしまった宿便は、さまざまな体調不良を引き起こす原因になることも。実際に、宿便を排出したことで体の不調が改善された、という例も少なくないということです。

1-2.宿便の色や状態は?

宿便を見分けるためには、色や状態などの特徴を知っておく必要があります。通常、健康な状態だと便の色は黄色です。宿便は通常よりも黒い色をしているのが特徴で、腸内に留(とど)まっていた時間が長ければ長いほど、濃い黒に近づきます。また、形にも特徴があり、らせん状になっていることが多いということです。もちろん、通常の便に比べて臭いも強いということを覚えておきましょう。

1-3.便秘と宿便の密接な関係とは?

毎日排便がある人でも宿便はたまるということからも、必ずしも便秘が宿便の原因になっているわけではありません。宿便がたまる原因はほかにもたくさんあるのです。しかし、便秘によって腸内環境が悪くなると、よけいに宿便がたまりやすくなることは確か。この悪循環を解消するためにも、腸内環境を整えて便秘を解消することが必要なのです。

1-4.宿便がたまるとどうなる?主な症状6つ

宿便がたまると、私たちの体にどのような悪影響を及ぼすことになるのでしょうか。主な症状を6つご紹介します。

1-4-1.代謝が落ちて痩せにくくなる

「下腹が出ているのは宿便のせい」という話を聞いたことがあると思います。腸に宿便がたまると、腐敗物が体外に排出されにくくなり、結果的に代謝が悪くなってしまうのです。そのため、痩せたくても痩せられない、ダイエットがうまくいかないという事態を引き起こしてしまいます。

1-4-2.肌荒れが続く

この問題は特に女性にとって重要です。宿便が腸にたまっていると栄養の吸収がスムーズにいかなくなり、肌にとって必要な栄養をバランスよく吸収することができなくなります。また、腸内環境の乱れは血液をドロドロにすることにつながり、全身に栄養が行き渡らなくなることも肌荒れの原因です。肌荒れがいつまでも治らないというときは、宿便が原因になっている可能性があるでしょう。

1-4-3.おならの臭いがきつくなる

宿便がたまると、当然おならの臭いもきつくなります。異常なほどの強烈な臭いで、宿便に気づく人も多いということです。便秘になるとおならの臭いがきつくなるのは、便が腸内に長く留(とど)まっていることが原因。同様に、宿便がたまればたまるほど、おならの臭いもきつくなってしまうのです。

1-4-4.腹痛の原因になることも

宿便が原因で腹痛を起こすこともあります。宿便は老廃物の塊であり、長時間腸に停滞していると毒素を発生するのです。この毒素と共に発生する有害なガスが腸に充満し、内臓を圧迫すると腹痛を引き起こすことになります。

1-4-5.免疫力が低下する

実は、免疫細胞の多くは腸に存在しています。つまり、腸の状態が悪いと私たちの免疫力は低下し、結果としてさまざまな体調不良を起こしやすくなるのです。たとえば、風邪をひきやすくなった、感染症にかかることが増えたというときは、要注意でしょう。

1-4-6.大腸がんの発症リスクが高まる

「大腸がんの予防には宿便を出すことが必要」とも言われています。宿便がたまって腸内に悪玉菌が多くなると大腸がんの発症リスクが高まることが分かっているのです。特に、女性は男性に比べて宿便がたまりやすく、また、大腸がんの罹患(りかん)率も高いと言われています。そのことからも、宿便と大腸がんの関係がお分かりいただけるのではないでしょうか。

1-5.宿便の原因は「腸内環境」と「胃腸の不調」?

宿便がたまりやすくなる原因には、腸内環境の悪化と胃腸の不調が挙げられます。具体的に解説しましょう。

1-5-1.腸内の新陳代謝が低下すると宿便の原因に!

宿便がたまる原因の一つが、新陳代謝が低下する腸内環境です。便秘がちになり腸内の新陳代謝が低下すると、便がスムーズに排出されなくなります。その結果、宿便として腸内にたまってしまうのです。腸内環境が悪化する要因には、栄養バランスの悪い食事や運動不足・ストレスなどがあります。

1-5-2.胃腸が弱い人も要注意!

もう一つの原因は、胃腸に不調があることです。便を押し出す力が弱まると、新陳代謝が活発に行われません。そのため、腸内に宿便として停滞してしまうのです。特に、もともと胃腸が弱い人は注意が必要。胃腸を元気にするために、食事や睡眠・運動を見直してみましょう。