おなかが張って苦しい

「おなかが張って苦しい…」を解消しよう!ガス溜まりの原因を紹介

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガスが溜まりおなかが張ると苦しいですよね。
ガスには、口から入ってくるものと腸の中で発生するものの2種類があります。
腸には常に一定量のガスがあり、何らかの要因で腸内にたくさんガスが溜まるとおなかが苦しくなるのです。
なぜ、おなかにガスが溜まって苦しくなるのか、その原因や解消法について知っていた方がよいでしょう。

  • ガスが溜まっておなかが張ることが多い
  • おなかにガスが溜まる原因を知りたい
  • 解消法にはどのようなものがあるのか?

そんな人たちのために、おなかにガスが溜まる原因と解消法についてまとめてみたいと思います。

目次

  1. ガスが溜まりやすい人の特徴
  2. おなかにガスが溜まる原因
  3. ガスが溜まったときの解消法
  4. まとめ

1.ガスが溜まりやすい人の特徴

おなかにガスが溜まりやすい人とそうでない人がいます。
ガスが溜まりやすい人の特徴をご紹介しましょう。

1-1.長時間座りっぱなし

デスクワークなどで長時間座りっぱなしでいることが多い人は、おなかにガスが溜まりやすい傾向にあります。
同じ姿勢ととり続けることで臓器が下がってきて、胃や腸を圧迫することが原因です。
腸は胴体の下部に位置しており、上にある肺や心臓、肝臓など大きな臓器の重みを常に受けています。
長時間同じ姿勢でいるとその負担が大きくなってしまうのです。
その結果、腸に栄養を送る血管が狭くなり、活発な働きをすることができなくなってしまいます。
さらに、デスクワークの場合、おならをしてガスを出すと臭いや音が気になるため、ガマンしてしまうことが多いのです。
そのこともあり、おなかにガスが溜まりやすくなるのでしょう。

1-2.便意をガマンすることが多い

仕事中や授業中など、周りに他人がいる空間だと便意をガマンしてしまう人も多いでしょう。
便意があっても自由にトイレに行けない場合もあるはずです。
便意をガマンしてばかりいると腸にかかる負担が大きくなります。
そして、腸の働きが悪くなりガスが出にくい状態になってしまうのです。

1-3.腸の運動が弱い

ガスや便を排出するときの腸の動きが弱い人は、おなかにガスが溜まりやすくなります。
筋力が少ない女性や老人は、腸の運動が弱くなってしまいがち。
特に、生理前の女性はホルモンバランスが大きく変化します。
腸の働きが弱くなりやすいため、より注意が必要でしょう。

12