腸が硬いと便秘になる?腸をやわらかくする3つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

便秘の原因のひとつは、腸が硬いことです。腸活(ちょうかつ)という言葉を聞いたことがありますか?腸活(ちょうかつ)とは、腸の働きを整え、体全体の健康を促進することです。この言葉からわかるように、腸内環境を整えるなら、体全体によい影響があります。一方、腸が硬いなら、体に悪い影響を与えるのです。では、腸の硬さと便秘にはどのような関係があるでしょうか?腸が硬くなる原因と、腸をやわらかくする方法をここでお伝えします。今日から、腸をやわらかくして、便秘も解消しましょう。

  1. 腸の硬さと便秘の関係
  2. 腸が硬くなる原因
  3. 腸をやわらかくするための方法

1.腸の硬さと便秘の関係

1-1.腸が硬くなるとはどういうこと?

内臓で1番面積を占めているのは腸です。わたしたちのおなかの下半分に腸があり、一生懸命働いています。腸内環境が悪くなるとどうなるでしょう?まず、腸が硬くなります。すると、腸内での消化と吸収が悪くなり、腸の運動が鈍(にぶ)くなるのです。このように、硬くなった腸はさまざまな悪い問題を引き起こし、便秘を引き起こす原因となります。ですから、腸がしっかり働くよう助けましょう。

1-2.硬い腸が便秘を引き起こす

硬くなった腸は、正常に動きません。腸がうまく動かないなら、腸内に運ばれた便を、うまく肛門(こうもん)に送れないのです。その結果、便は腸の中で長くとどまり便秘になります。また、腸がきちんと幡羅かないなら、腸内にある消化物も腐敗するでしょう。やがて、不純物が血液によって体全体に運ばれ、体の調子が悪くなります。体内に毒素や有害物質が増えるのです。このように、硬い腸と便秘、そして体全体の健康には密接なかかわりがあります。

1-3.悪化する便秘に注意しよう

便が何日も腸にとどまるとどうなるでしょうか。便に含まれる水分が吸収され、便は乾燥します。便そのものが小さくなり、水分が吸収されるためさらに硬くなるのです。硬い便がどんどん腸内にたまるため、排出はさらに困難になります。つらい便秘を引き起こし、体全体の調子も悪くなるのです。このように便秘はどんどん悪循環を繰り返すでしょう。

2.腸が硬くなる原因

2-1.運動不足に注意

今は、パソコンの前で何時間も座りっぱなしの生活が多く、そのような仕事も増えています。そのため、だれもが運動不足になりがちでしょう。知らず知らず運動不足が続き、腹筋や内臓まわりの筋力が衰えます。やがて、腸まわりの筋力も弱くなるでしょう。筋力が弱ると腸の運動も弱くなるのです。通常は、腹筋を使うと腹圧があがり、腸が刺激されて筋肉の運動が正常に働きます。そして、腸の活動によって便が腸から肛門(こうもん)へと送られるのです。しかし、腹筋の筋力が低下すると、このような働きができないため、腸が硬くなり、便秘になりやすくなります。

2-2.不規則な生活に注意

不規則な生活は、腸の健康によくありません。たとえば、夜ふかしが続くと、朝の排泄(はいせつ)のリズムが崩れます。朝の排泄(はいせつ)のタイミングを逃すなら、職場や学校ではトイレにいくのを我慢してしまい、便秘になるのです。また、不規則な食生活も腸によくありません。外食やコンビニ弁当が多いと、肉類中心の食生活になりがちです。食物繊維がたくさん入っている野菜を食べるのが不足し、便秘の原因になります。スナック菓子やジャンクフードの食べすぎも、腸内環境を悪化するでしょう。

2-3.ストレスにより自律神経の乱れ

近所や職場での人間関係など、今はストレスの原因がたくさんある時代です。そして、ストレスがたまると自律神経が乱れます。自律神経の乱れは、腸にも悪い影響を与えるでしょう。基本的に、自律神経が腸の運動をコントロールしています。ですから、自律神経が乱れるなら、腸が正常に働かないのです。腸は硬くなり、便秘やほかの病気を引き起こしかねません。

3.腸をやわらかくする方法

3-1.規則正しい生活

規則正しい生活や適度な運動は、腸によい影響を与えます。忙しい生活の中で規則正しい生活をするのは簡単ではありません。できるところからはじめてください。まずは、早寝早起きを心がけましょう。仕事や調べものなど、するべきことがあっても、夜ではなく朝にする習慣を身につけてください。早寝早起きは、最初は辛(つら)いものです。しかし、1度習慣をつけるなら、自然と朝早く起きることができます。毎日の簡単なストレッチや歩く時間を増やす努力も心がけましょう。よい運動の習慣があれば、だんだん腹筋がつき、腸も元気になります。また、運動はストレス解消にもつながるのです。

3-2.正しい食生活

食生活は、腸内環境と密接な関係があります。今の食生活を分析しましょう。肉類が多い食生活なら、食物繊維の多い野菜中心の食生活へと変えてください。野菜も温野菜やスープなどにすれば食べやすいものです。外食が多い場合でも、野菜を忘れずに食べてください。乳酸菌や発酵食品も積極的にとりましょう。また、水分を十分にとることも重要です。水は1日に1.5リットルから2リットル飲みましょう。大腸に届く水の量は、飲んだ水の10分の1と言われています。ですから、毎日水は十分に、また、こまめに飲んでください。

3-3.生薬やサプリメントを活用しよう

サプリメントや生薬などを活用するのもよい方法です。食生活の改善や運動では足りない部分を補えます。特に、忙しい方には心強い助けでしょう。外出中や朝早い出勤のときも、生薬やサプリメントであれば手軽に飲めるので便利です。さまざまな種類のサプリメントや生薬がありますが、よく調べて信頼できる安全なものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?腸が硬くなることと便秘がどう関係しているか、おわかりいただけたと思います。また、腸が硬くなる原因や腸をやわらかくする方法もお伝えしました。どうぞ、毎日の生活で、運動不足や不規則な生活を避けてください。ストレスも腸に悪い影響を与えます。腸がやわらかくなるために、正しい食生活を心がけ、水分をよくとりましょう。簡単なストレッチやウォーキングで腹筋をきたえてください。食生活や運動で補えないところは、上手に生薬やサプリメントを用いましょう。それでは、今日から元気な腸でさわやかな毎日を送ってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加