腸をやわらかくする方法

腸が硬いと便秘になる?腸をやわらかくする3つのポイント

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

便秘の原因のひとつは、腸が硬いことです。腸活(ちょうかつ)という言葉を聞いたことがありますか?腸活(ちょうかつ)とは、腸の働きを整え、体全体の健康を促進することです。この言葉からわかるように、腸内環境を整えるなら、体全体によい影響があります。一方、腸が硬いなら、体に悪い影響を与えるのです。では、腸の硬さと便秘にはどのような関係があるでしょうか?腸が硬くなる原因と、腸をやわらかくする方法をここでお伝えします。今日から、腸をやわらかくして、便秘も解消しましょう。

  1. 腸の硬さと便秘の関係
  2. 腸が硬くなる原因
  3. 腸をやわらかくするための方法

1.腸の硬さと便秘の関係

1-1.腸が硬くなるとはどういうこと?

内臓で1番面積を占めているのは腸です。わたしたちのおなかの下半分に腸があり、一生懸命働いています。腸内環境が悪くなるとどうなるでしょう?まず、腸が硬くなります。すると、腸内での消化と吸収が悪くなり、腸の運動が鈍(にぶ)くなるのです。このように、硬くなった腸はさまざまな悪い問題を引き起こし、便秘を引き起こす原因となります。ですから、腸がしっかり働くよう助けましょう。

1-2.硬い腸が便秘を引き起こす

硬くなった腸は、正常に動きません。腸がうまく動かないなら、腸内に運ばれた便を、うまく肛門(こうもん)に送れないのです。その結果、便は腸の中で長くとどまり便秘になります。また、腸がきちんと幡羅かないなら、腸内にある消化物も腐敗するでしょう。やがて、不純物が血液によって体全体に運ばれ、体の調子が悪くなります。体内に毒素や有害物質が増えるのです。このように、硬い腸と便秘、そして体全体の健康には密接なかかわりがあります。

1-3.悪化する便秘に注意しよう

便が何日も腸にとどまるとどうなるでしょうか。便に含まれる水分が吸収され、便は乾燥します。便そのものが小さくなり、水分が吸収されるためさらに硬くなるのです。硬い便がどんどん腸内にたまるため、排出はさらに困難になります。つらい便秘を引き起こし、体全体の調子も悪くなるのです。このように便秘はどんどん悪循環を繰り返すでしょう。

12