正しい便秘解消法

必見!下剤の副作用・危険性とは?正しい便秘解消法について知ろう!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「便秘が続いて体がだるい」「便秘のくり返しで疲れがたまる」と悩んでいる人は必見です。便秘解消法として便秘薬・下剤を使いたい気持ちはわかります。つい下剤を飲んでしまいますが、体に悪い下剤だと言われている種類もあるのです。そこで、体に負担をかけない便秘解消方法をご紹介しましょう。これから、下剤の種類や副作用、下剤をやめて便秘を克服する方法など説明します。

  1. 下剤とは?
  2. 下剤の種類について
  3. 下剤の副作用・危険性について
  4. 下剤をやめて便秘を克服するには?
  5. 便秘・下剤にかんするよくある質問

この記事を読むことで下剤の基礎知識が身につきます。そして、正しい便秘解消・便秘対策ができるでしょう。


1.下剤とは?

便秘になるたびに下剤を飲んでいませんか?やみくもに市販の下剤ばかり飲んでいると、体に悪い影響が現れ始めます。まずは、下剤について詳しく知らなければなりません。下剤とは何なのか、詳しく知識を身につけておきましょう。

1-1.下剤の効果

「下剤を飲むとすぐに便が出る」と実感している人は多いでしょう。だからこそ、つい下剤に頼りがちです。確かに、便秘薬には即効性があります。便がたまっている大腸を動かす、便の移動スピードを速くさせる効果が期待できる薬です。便秘が解消するのは真実ですが、一時的な効果だと思ってください。便秘の根本的な原因にはアプローチできません。よって、どうしても便秘が解消できないときの最終手段に使うべき薬なのです。

1-2.下剤はどんなときに使用するのか?

一般的に、下剤は便秘のときに使用する薬です。便秘が長く続く、便秘をくり返すときに使うことが多いでしょう。近年では、便秘のほかにダイエットとして下剤を使用する人が増えてきました。特に、10代後半~20代後半までの若い世代に多いです。大腸に便がたまればたまるほど、体がむくみやすくなります。よって、太りやすい体質になるのです。太りやすい体質を改善するために便秘薬を使用してはいけません。理由は後ほど、下剤の危険性について詳しく説明します。

1-3.下剤を使用するメリット

便秘症状に役立つ下剤にはさまざまなメリットがあります。主なメリットは「即効性」です。便がたまればたまるほど体がつらく、だるくなるでしょう。できるだけ早く症状から脱出するには、下剤の使用が手っ取り早いです。また、「入手しやすい」点も大きなメリットになります。市販の便秘薬は薬局だけでなく、24時間営業のコンビニやスーパーでも入手可能です。緊急時でもすぐに使用できるでしょう。

1-4.知っておきたい排便のプロセス

下剤を使わずに便秘を改善するには、排便のプロセスを知っておかなければなりません。排便のプロセスは毎日の生活習慣に深く関係しています。便秘になるほとんどの人が乱れた生活習慣を送っているものです。つまり、食事・睡眠・運動と生活習慣を規則正しく改善するだけでも便秘は改善できます。