甘酒で便秘を解消できる

甘酒で便秘を解消できる? 効果的な摂り方をご紹介します!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

甘酒というと、寒い時に飲むものというイメージがありますが、俳句では夏の季語です。つまり本来は夏の飲み物なのです。甘酒は別名飲む点滴とも言われ、滋養強壮や便秘解消に優れているのです。

そこで今回は、そんな甘酒の効果についてご紹介します。甘酒は「酒」がついていますが、日本酒の原料である麹が共通しているだけで、ノンアルコールの飲み物です。ですから、子供や妊婦でも飲める体に優しい便秘を解消する飲み物なんですよ。できる限り自然に便秘解消したいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 甘酒とは?
  2. 甘酒の効果的な取り方や注意点とは?
  3. プラスαでより効果的に便秘を解消しよう

1.甘酒とは?

この項では、まず甘酒についてご紹介しましょう。甘酒は昔病人の回復食に使われたくらい栄養価の高い飲み物なのです。

1-1.甘酒の作り方

甘酒は、米麹と米、水を発酵させて作ります。炊飯器やヨーグルトメーカーなので手作りすることもできるでしょう。これをアルコールが生まれるまで発酵させ続ければ「日本酒」ができあがります。そのためアルコール分のないお酒ということで「甘酒」といわれるのですね。ちなみに甘酒の甘さは、砂糖ではありません。米麹がお米を分解した際に生まれたでんぷん質の甘さなのです。ですから、甘みが濃厚でとろりとしている割にはカロリーが低いのです。

また、甘酒にはもうひとつの作り方があります。それは、日本酒を作る際にできた酒粕を水に溶き、砂糖を加えるもの。これは「簡易甘酒」とも呼ばれ、飲みたいときにすぐに作れる便利なものですが、残念ながら便秘解消の効果は薄いです。さらにアルコール分が残っている場合もあるので、妊婦や子供にはおすすめできません。飲むのならば、米麹から作られた本物の甘酒を飲みましょう。

1-2.甘酒の栄養価とは?

甘酒には、ビタミンB群のほかに食物繊維・グルタミン・オリゴ糖・ぶどう糖がたっぷりと含まれています。これは、栄養補給のてんてきとほぼ同じ成分です。ですから、昔は病人の回復食としても使われたのですね。

この中で便秘解消に効果があるのはオリゴ糖と食物繊維です。オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになりますし、食物繊維は腸の中で膨らんで便を押し出す効果があります。毎日飲み続ければ便秘解消の効果が大いに期待できるでしょう。また、甘くて飲みやすいので子供からお年寄りまで無理なく飲めるのがうれしいですね。

1-3.甘酒の便秘解消効果について

甘酒は食物繊維や発酵乳酸菌・オリゴ糖など便秘に効果的な成分がたっぷりと含まれています。単に便を出すだけでは、便秘が解消したとは言えません。腸内細菌のうち、悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、腸内環境を調える必要があります。

甘酒に含まれている乳酸菌は善玉菌の代表格であり、オリゴ糖は乳酸菌の養分です。つまり、甘酒を飲めば便秘解消と腸内環境の改善を一度に行うことができます。ヨーグルトにも同じような効果が期待できますが、高齢者はヨーグルトよりも甘酒の方が飲みやすいでしょう。また、ショウガを入れて温めて飲めば、冷房病にも効果が期待できます。

12