膝の痛みを放置してはいけない理由

膝の痛みを放置してはいけない理由と今からできる3つの対策

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

膝の痛みにはさまざまな理由があります。最初の症状は軽いものに思えても、悪化したことがわかったときには、すでに遅すぎる場合もあるのです。違和感を感じたときにすぐに対策をはじめるのが大切なのはなぜでしょうか。今からできる対策も含めて膝の痛みを放置してはいけない理由を徹底解説いたします。

  1. 膝に痛みが出る原因
  2. 膝の痛みを放置するとどうなるのか
  3. 膝の痛みはどのように進行するのか
  4. 膝の痛みに対処する3つの方法
  5. よくある質問
  6. まとめ

1.膝に痛みが出る原因

この項では、膝に痛みが出やすい理由や、膝の痛みが症状として現れる病気について解説します。どのような病気になると、痛みが症状として現れるのでしょうか?

1-1.膝に痛みが出やすい理由とは?

膝関節は、太ももの骨とすねの骨、さらに膝蓋骨(膝のお皿)とそれをつなぐ腱や筋肉でできています。膝関節は体重を支えている場所ですので、どうしても負担が大きくなり、痛みも出やすいのです。若い年代では、膝関節を繋ぐ腱や筋肉、さらに膝蓋骨の損傷による痛みが出やすいでしょう。特に、スポーツをしている人は膝を酷使しやすいので痛みが出やすい傾向にあります。

年を取るにつれて、太ももの骨とすねの骨の先端についてくる軟骨のすり減りが早くなり、硬い骨同士がぶつかりやすくなるのです。そうなると、歩くたびに痛みを感じるようになるでしょう。また、膝関節の周りには負担を和らげるために水分が存在しています。この部分が炎症を起こすと、膝の水分が増えて痛みが出てくるでしょう。これが、「膝に水がたまる」という状態です。

1-2.膝の痛みが症状として現れる病気

膝関節の痛みが症状として現れる病気の代表格に、変形性膝関節症があります。これは、年を取るにつれて膝関節が負担に耐え切れなくなり、変形していく病気です。重度になると膝関節が曲がったまままっすぐに伸びなくなることもあるでしょう。また、膝関節以外にも、全身の関節が痛む病気として、関節リウマチや通風があります。関節リウマチは女性に発症しやすく、痛風は男性に発症しやすい病気です。この2つの病気は、放っておけば悪化の一途をたどります。おかしいな、と思った時点で病院に行きましょう。