コーヒーが便秘に効果的って本当? 知っておきたい4つのポイント!

このエントリーをはてなブックマークに追加
コーヒー

もし辛い便秘を解消するためにコーヒーが効果的なら是非とも試してみたいと思いますよね。
「でも、コーヒーって便秘に効果的なの?」という疑問を持っている人も多いようです。
コーヒーと便秘の関係については様々な意見があります。「便秘を治すためにコーヒーが役立つ!」という意見もあれば「いやいや、便秘の時にコーヒーを飲むとさらに便秘がひどくなるよ」という反対意見もあります。
では、本当のところはどうなのでしょうか?
そこで本日は、コーヒーが便秘に与える影響について4つのポイントをご紹介しましょう。
コーヒーと便秘の関係や上手な飲み方等もご紹介致しますので、是非参考にしてみてくださいね。


1. コーヒーが便秘に効くと言われる理由

「コーヒーをたくさん飲むと便意が起こりやすくなる」という人は多いですよね。
そのため、コーヒーは便秘を治す効果があると言われているのです。
では、コーヒーを飲むと何故便意が起こりやすくなるのでしょうか?
その理由を3つご紹介しましょう。

1-1. カフェインの影響

コーヒーの主成分はカフェインですよね。
このカフェインには胃の働きを活発にさせたり、大腸の収縮を助ける効果があると言われています。
そのためコーヒーを飲むと消化が良くなり、便秘を解消することができるのです。
「朝コーヒーを飲むと便通が良くなる」「コーヒーを飲むと便意が起こりやすくなる」というのはカフェインが胃腸に影響を与えているからなのです。

1-2. コーヒーに含まれるオリゴ糖の影響

オリゴ糖が腸内環境を整える為に役立つことはよく知られていますよね。
実は、そんなオリゴ糖がコーヒーにも含まれているのです。
コーヒーに含まれているオリゴ糖は「コーヒーオリゴ糖」と呼ばれており、コーヒー豆のカスから抽出されます。
砂糖よりも低カロリーでコーヒーの味わいを良くすることができるため、コーヒーの甘味料として使用されています。
コーヒーオリゴ糖は腸内に生息する善玉菌の餌になるため、腸内の動きを活発にして便秘を解消することができるのです。
このような理由でコーヒーは便秘解消に効果的だと言われています。

1-3. コーヒーに付け加える物の影響

「コーヒーの中でも特に好きなのはカフェオレやカフェラテ・カプチーノ」という人も多いことでしょう。
このようなコーヒーには乳製品が多く使用されていますよね。
そして乳製品には腸内の動きを活発にする働きがあります。
そのため、このような種類のコーヒーをたくさん飲むと便意が起こりやすくなるのです。
これもコーヒーが便秘解消に効果的だと言われる理由です。

ここまでで、コーヒーが便秘を治す為に効果的だと言われる3つの理由をご紹介しました。
これだけ見ると「確かにコーヒーには便秘解消効果がある」と思えますよね。
では、何故コーヒーが便秘を悪化させると言われることがあるのでしょうか?

2. コーヒーは便秘を悪化させると言われる理由

「便秘を治す為にコーヒーを飲んだら、ますます便が出なくなった…」
このような悩みを持っている人も多いようですね。
便秘解消に効果があるように思えるコーヒー。そんなコーヒーが何故便秘を悪化させる原因になるのでしょうか?

その理由をご紹介します。

2-1. コーヒーに含まれるクロロゲン酸の影響

コーヒーには「クロロゲン酸」という成分が含まれています。
このクロロゲン酸はポリフェノールの一種で体に良い成分ですが、胃腸の働きを抑えてしまう働きがあると言うことが分かっています。
腸の動きが悪くて起きる「弛緩性便秘」に悩まされている場合は、コーヒーが便秘をさらに悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸は非常に少量なので普通にコーヒーを飲むなら問題無いと言われています。しかし、一度にコーヒーを飲み過ぎるとクロロゲン酸の過剰摂取になり便秘になってしまうこもあるので注意しましょう。

2-2. コーヒーが原因で水分不足になってしまう

「コーヒーを飲むとオシッコが近くなる」という人は多いですよね。
あなたも「朝コーヒーを飲んだ為に出かけた先でトイレに駆け込んだ」という経験をしたことがありませんか?
これはコーヒーの利尿作用が原因で起こります。
利尿作用によって便を柔らかくするための水分が体から失われてしまい、便秘の原因になることがあるのです。

これらの理由から、コーヒーは便秘の原因になると言われることがあります。
確かにコーヒーには便秘を悪化させる要素も含まれていることが分かるのではないでしょうか?
コーヒーによって便秘を悪化させないためにはコーヒーを飲む頻度や飲む量に注意する必要があります。

3. 便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方

コーヒーを使って上手に便秘解消するためには、上手なコーヒーの飲み方を知っておく必要があるでしょう。
そこでこの項では辛い便秘をコーヒーで解消するために役立つ飲み方をご紹介します。
まだ試したことがない方は是非挑戦してみてくださいね。

3-1. 毎日2杯から3杯のコーヒーを飲む

便秘を治すためにたくさんのコーヒーを飲むと、体の水分が失われて便秘がひどくなってしまいます。
腸内に刺激が加わるため腸が弱ってしまう原因にもなるでしょう。
ですから適切な量のコーヒーを飲むことが大切なのです。
毎日2杯から3杯程度のコーヒーを飲むようにしましょう。
それ以上コーヒーを飲むと飲みすぎになる可能性があります。
体調の変化を見ながら飲む回数を減らしたり、一回に飲む量を少なくするのもオススメです。

3-2. 砂糖の代わりにオリゴ糖を入れる

「甘いコーヒーが好きだ」という人は多いですよね。
そのような方は砂糖の代わりにオリゴ糖を使ってみましょう。
先程も少しご紹介しましたが、オリゴ糖は腸内にいる善玉菌の餌になって腸の働きを活発にしてくれます。
コーヒーの便秘解消効果を更に高めてくれることでしょう。

3-3. 朝コーヒーを飲む

適切な量のコーヒーを飲むなら一日の中でどのタイミングに飲んでも問題はありません。
しかしながら、朝コーヒーを飲むようにすると一日の始めに腸内環境を整えることができて自然な排便リズムを取り戻すことができるでしょう。
加えて、朝コーヒーを飲むと目覚めが良くなり一日を爽やかに始めることができます。

4. コーヒーの便秘解消効果は人それぞれ異なります!

コーヒーで便秘を治すことができるかどうかは人によって異なります。
「コーヒーを飲んだら便秘を解消できた!」という人もいれば「あまり効果が無かった…」「かえって便秘がひどくなった…」という人もいることでしょう。
人それぞれ体質が異なりますから、自分の体質に合わせた飲み方をすることが大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事では、コーヒーと便秘の関係について4つのポイントをご紹介しました。

  • コーヒーは便秘解消に役立つ成分がたくさん含まれている
  • コーヒーには便秘を悪化させる成分も含まれている
  • コーヒーを正しい方法で飲むなら上手に便秘を治すことができる
  • コーヒーの便秘解消効果は人それぞれ異なる

便秘を解消するためにコーヒーを試してみたいという方は、これら4つのポイントを意識してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加