コーヒーが便秘に効果的

コーヒーが便秘に効果的って本当? 知っておきたい4つのポイント!

記事監修:快適ヘルシーライフ編集部 免責事項について

可能な限り信頼できる情報をもとに作成しておりますが、あくまでも私見ですのでご了承ください。内容に誤りがあった場合でも、当ブログの閲覧により生じたあらゆる損害・損失に対する責任は一切負いません。体調に異変を感じた際には、当ブログの情報のみで自己判断せず、必ず医療機関を受診してください。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

もしつらい便秘を解消するためにコーヒーが効果的なら是非とも試してみたいと思いますよね。
「でも、コーヒーって便秘に効果的なの?」という疑問を持っている人も多いようです。
コーヒーと便秘の関係については様々な意見があります。「便秘を治すためにコーヒーが役立つ!」という意見もあれば「いやいや、便秘の時にコーヒーを飲むとさらに便秘がひどくなるよ」という反対意見もあります。
では、本当のところはどうなのでしょうか?
そこで本日は、コーヒーが便秘に与える影響について4つのポイントをご紹介しましょう。
コーヒーと便秘の関係や上手な飲み方等もご紹介致しますので、是非参考にしてみてくださいね。

  1. コーヒーが便秘に効くと言われる理由
  2. コーヒーは便秘を悪化させると言われる理由
  3. 便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方
  4. コーヒーの便秘解消効果は人それぞれ異なる
  5. まとめ

1. コーヒーが便秘に効くと言われる理由

「コーヒーをたくさん飲むと便意が起こりやすくなる」という人は多いですよね。
そのため、コーヒーは便秘を治す効果があると言われているのです。
では、コーヒーを飲むと何故便意が起こりやすくなるのでしょうか?
その理由を3つご紹介しましょう。

1-1. カフェインの影響

コーヒーの主成分はカフェインですよね。
このカフェインには胃の働きを活発にさせたり、大腸の収縮を助ける効果があると言われています。
そのためコーヒーを飲むと消化が良くなり、便秘を解消することができるのです。
「朝コーヒーを飲むと便通が良くなる」「コーヒーを飲むと便意が起こりやすくなる」というのはカフェインが胃腸に影響を与えているからなのです。

1-2. コーヒーに含まれるオリゴ糖の影響

オリゴ糖が腸内環境を整える為に役立つことはよく知られていますよね。
実は、そんなオリゴ糖がコーヒーにも含まれているのです。
コーヒーに含まれているオリゴ糖は「コーヒーオリゴ糖」と呼ばれており、コーヒー豆のカスから抽出されます。
砂糖よりも低カロリーでコーヒーの味わいを良くすることができるため、コーヒーの甘味料として使用されています。
コーヒーオリゴ糖は腸内に生息する善玉菌の餌になるため、腸内の動きを活発にして便秘を解消することができるのです。
このような理由でコーヒーは便秘解消に効果的だと言われています。

1-3. コーヒーに付け加える物の影響

「コーヒーの中でも特に好きなのはカフェオレやカフェラテ・カプチーノ」という人も多いことでしょう。
このようなコーヒーには乳製品が多く使用されていますよね。
そして乳製品には腸内の動きを活発にする働きがあります。
そのため、このような種類のコーヒーをたくさん飲むと便意が起こりやすくなるのです。
これもコーヒーが便秘解消に効果的だと言われる理由です。

ここまでで、コーヒーが便秘を治す為に効果的だと言われる3つの理由をご紹介しました。
これだけ見ると「確かにコーヒーには便秘解消効果がある」と思えますよね。
では、何故コーヒーが便秘を悪化させると言われることがあるのでしょうか?

12